スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLUE VELVET NIGHT Vol.90

今週末はライブです。
2週つづけて青い部屋のオールナイト。
1つ目は今週の土曜日、ブルーベルベットナイト!
鳥井賀句さんがオーガナイズしているロックパーティ、今回はなんと90回目のパーティです。
90回も続いているイベントは周りを見渡してもそうそうない。
(というか、ブルベ以外知らない)
今では青い部屋の最長寿イベントとなっている。
長くイベントをやり続けるというのは、バンドと同じぐらい、それ以上に物凄く熱意と精神力がいることだと思う。それから体力も。
ガクさんに心から敬意を表したいです。

イベントが始まった当初、3年ほどDARKSIDE MIRRORSはブルベのハウスバンドとして毎月出演していた。
ハウスバンドをすることになったのは6年前、青い部屋がリニューアルされたオープニングパーティだった。これまでシャンソンONLYだった青い部屋で新しいロックのイベントをやりたいと賀句さんとネロとが盛り上がったのがきっかけで、私達はこれをきっかけにバンドを結成したのだ。

満月の夜、悪魔の儀式的なセッションをしたこと、朝方、うさぎのダンスを道路で見たこと、ネロが象牙の塔に上ったこと・・・、ここで出会った人との思い出もたくさんある。
私にとっては峠の我が家のようなルーツ的な場所。そして共演者からはたくさん刺激をもらった場所。
ブルベに出演することは、うまくいえないけど初心にかえる思いがあります。


vol1.jpg
これはBLUE VELVET NIGHT一番最初のフライヤー!
DSMはこの数日前にはじめてスタジオで顔合わせして、キスキスキスを演奏した。


9992.jpg1live2.jpg

最初の頃は、曲もまだできてなかったからドロドロのめちゃくちゃサイケな即興音楽の30分間だった。
楽器も初めてだったしメンバーにバイオリンもいたし、ライブはいつも一寸先が見えない超スリリングな暗闇のドライブみたいで楽しかったけど、ライブが終わると、いつもぼろくそに言われて、毎回チキショー!な思いをしてた。今となってはいい思い出だけど(笑)
音楽で表現することの意味や反骨精神はここで鍛えられた気がします。


今、青い部屋のHPのトップで、ブルベ90回パーティの特集ページが組まれていて、鳥井賀句さんがブルベについてコメントを寄せています。読むと、これまでのすごい顔ぶれの出演者のことや詩人や前衛的な舞踏やSMショーのこと、見せ物小屋的なコンセプトでやっていた当時の歴史が書かれていて、本当にすごいイベントだったんだなぁと思わせられます。DARKSIDE MIRRORSについても触れられてます。
よかったら、ぜひ読んでみてください!
http://www.aoiheya.com/web/interview/200810.php
200810top.jpg
あの頃はがくりんによく怒られたし、私も生意気だったからよくケンカした気がするなぁ(笑)


ブルベの初期のチラシ集&イベントリポートはここ。
丹下さんが作ってくれたページがまだ残ってたー!(今見ると、ちょっと胸がチクチクするけれど~)
http://www.darksidemirrors.com/menu/chirashi.html



特別な思い入れがあるイベントだから、最高のライブをやろうと思う!
みんな遊びに来てね!LET'S ROCK!


2008年10月25日(SAT)渋谷AOI-HEYA
BLUE VELVET NIGHT vol.90 PARTY!!
OPEN 21:00 , CLOSE 05:00 ★Adv .2.000

BAND★PENNY IKINGER&WHITE SHADOWS、GOLDEN、DARKSIDE MIRRORS、PEACOCK BABIES、the lickerish 4tet、東京CRAMPS、ゲルチュチュ、SNOWLINE、OK横丁、JEAN(Ex MR.KITE)
【DJ】チャーリー森田、松田尚久

■Link to 青い部屋

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。