スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオ・ボヘミアン

昨日の夜、衣替えをしました。
冬物のセーター類を引っ張り出して外に干したり、革ジャンは4つともベランダで陰干し。
マフラー類は虫がついてたら嫌なのでアクロンを使って深夜の洗濯祭りも同時開催。
しかし、困ったことに、クローゼットに洋服が全部入らない!
夏は薄手の服とかTシャツばっかりだけど、秋冬は場所とる服が多い上にTシャツは年中着るから結局しまえなくて、クローゼットは2.5倍の収納が必要になってしまう。
おまけに、先週、買い物をして服をいっぱい買ってしまった。ああ・・・。

いっそのこと去年着ていた服は全部捨ててしまおうか?とも考えた。(毎年思う)
でも・・・やっぱり捨てられなかった。
だって、もったいない。まだきれいだし、着れるし・・・。愛着あるし。
でも着るつもりが一生ない服も大量にある。
たとえば10年前のある初デートの服(なぜか白ブラウス)なんて、もうボタンが取れててシワくちゃで、たぶん一生着る予定はないくせに、どうしても捨てられなくて奥の方にしまってたりする。
そんな服が大量にある。うあー!ばかみたい。
なんなんだろう・・・。私は俗にいう「捨てられない女」というやつだろうか?
物持ちがいいというと聞こえはいいけれど、愛着があったり思い出もあるから、捨てるという行為に抵抗を感じてしまう。
貧乏性だね、なんて失礼なこと言う人には笑顔で中指突き立ててバイバイです!

冷静に考えたら、この調子でいけば10年後にはきっと、TVでよく見る「ゴミ屋敷」に住んでることになるな・・・。ちょっと、ぞっとした。

でも私は古着が好きだ。
数年前にアムステルダムのフリーマーケットでダンボール5箱ぶんぐらい買い込んできた古着!
どれも個性的で1点物で、すごく安かった服たち。業者クラスの量だけど、買った時の心境や値切り交渉したりお店の人と話したこととか楽しかった思い出まで一緒にあって捨てられない。
10年前にポートベローで買った古着たちはロンドンの匂いがするから捨てられない。
当時なぜそんなに買い込んだかというと、私の住む町の古着屋に原因があった。
ある時から50年代から70年代までの外国製の服が希少になり、値段が1ケタ上がった。
80年代以降の国産の質の悪い古着が大量に出回るようになり、古着屋の質はごっそり落ちたように感じたからだった。
それ以来、下北の古着屋は行かなくなった。
こないだ、代官山のオシャレっぽい古着屋にぷらっと行ったら、虫食いで穴が空いてるしょうもないスカートが1万の値がついて大事そうにディスプレイされているのを見て唖然とした。
誰が穴ぼこあいた服に1万も払うのだー・・・。
「ビンテージ」とか、ていのいい言葉で飾ったって、古着は古着である!
これ、ただのボロでしょう・・・?ボーシッ!
私の持ってるコレクション(服の山!笑)のが断然いいものだわぁ~☆と思うと、よけいに捨てられない。

でもふと考えたら、1クール同じ服ばっかり着ている現実。
100あるとしたら、そのうちの20しか着回していないのはなんでかな。
1年着なかったら、やっぱり捨てた方がいいのかなぁ。。。

しかし、流行は巡る。たとえば5年前に買ったチェックのミニスカート。
ちょうど今、トラッドが旬である。
日本はだいたい半年から1年遅れて入ってくるけれど、世界的な傾向を見ると、音楽ではダークでサイケデリックな音楽(の焼き直し+エレクトロの要素強め)が今流行っているようだ。
ダークでサイケデリックといえば、私なら13th FloorやシドバレットやVelvet Undergroundだなぁ。

山積みの服の中で服にまみれてしばし考えた。

●古着屋では絶対に働きたくない!
●でも古着は好き。
●使い捨てポイは嫌。リサイクルは安いが鉄則。
●手塚治虫の描く未来が好き。
●時代が先祖返りしても、いつか未来世紀がくるという夢はこれからも持ち続けたい。
●レトロな未来感覚は、次世代にも受け継いでいきたい。
●最後の喫煙者になるつもりはないが、時代の波に流されたくない。


うー!

朝方、ゴブリンのサントラを聞きながら、わたしは名案が浮かんだ。
チェック、ダーク、サイケデリック、その心は・・・・圧縮袋だ。
圧縮袋を買えばいい。

そういうわけで、買ったばっかりのブーツをはいて、これから買いに行ってきまーす♪
気分は60'sガール!


コメント

ようようよう。
ジュンちゃん、おげんこですか?

確か夢の島の方でアフリカなんかの子供達に古着を送ってくれる組織があった様な...

気がしたぜ!

ではでは。
まったねーん

松原君ハローハロー!
バッチリ元気だよ~!松原君は元気かーい?

>アフリカなんかの子供達に古着を送ってくれる組織

さすがだね。その目の付け所!うんたしかにありそうだよね。

私が前に調べたときは、そういった貧民国への寄付は、柄物×、英語の文字などが入ってるやつ×、赤とかピンクなど派手色×・・・とかで色々制約があったの。
地味でプレーンな服しかダメみたい(宗教上の理由で)。
でもどこか探せばありそうだよね。もし捨てる場合は、その線でいきたいと思います。


衣替え!!

あああ、衣替え!
私まだやってないですー!!
季節はすっかり秋だというのに、なんとか「重ね着」「重ね着」で、しのいでいる始末です。
服を捨てるのって勇気が要りますよねぇ....。
昨年一回すごく勇気を出して(笑)結構捨てたはずなのに
いつの間にか増えているのはナゼ?
(っていやそれは自分が買ったからなんですが!)
せめて今期は新たに買わないことだけ今のところ守ってます。
私もネットで古着の寄付とかそういうの探そうかな?

この日記で 急いで革ジャン押し入れから出した ちょっとじめっとして 軽くカビ あぶない手遅れになるところだった~~ふぅ~~

しかしいいな服たくさんあって 昔の物って いいよね~ 柄とか形とか最高♪

俺のなかじゃ 流行も糞もなく 好きになったら それでOK 周りの目なんか ちょっとは気になるけど(笑) 関係なーい あはっ


そっか 圧縮すればいいのか 日記読みながらずっと 大事にしてくれそうな人に売ればいいって思ってたけど うん 解決だね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。