スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリリングな飲み会!

昨晩はバンドのリハで新曲「悪魔のシスター」が完成した。
これは去年の11月末、ある怒りの事件とデパルマの「悪魔のシスター」とにインスパイアされて私が作った曲だった。
今年に入って意を決して持っていったら一瞬お蔵入りになりそうになったが、粘りに粘ってみんなでアレンジを重ねて、やっと昨日ミラーズ・アレンジがカンペキに仕上がった!
次のライブをお楽しみに~!

futinkan4-img425x600-11686355412392.jpg

リハが終わった後、lloyの松原くんの誘いで、ミラーズのみんなとNAMIちゃんとセイちゃん、他はじめて会った方々らと皆で飲み会をした。
初めて会った方々らと仲良しさん風に話をしていたけれど、だんだんと血の気が上ってくるのを感じていた。
頭の中で赤のランプが点滅し始め、点滅はだんだんと高速になり、いつもの「有耶無耶(うやむや)郷の水夫め!」(怒りダイナマイト)が喉に詰まった瞬間、ななめ向かいの席に座る死神ジョーと目が合うと、私の方にニッコリと笑顔で手を振ってきた。
私ははっと我にかえった。(ふぅ~。死神ジョーありがとう。助かったよ!)と思った瞬間、また酔っぱらいの水夫と談笑していたら、1分も経たずにすぐ赤のランプがついた!やばいと思いながらも、険悪な空気が加速する。
と、その空気に切り込むように、松原君が「にゃーむにゃーむ!」と謎の擬音語を発しながら身振り手振りで視界に飛び込んできた。
そのたびに楽しくなって、不思議とみんな笑っちゃう。一瞬にして和やかな場内に。
ライブでも飲み会でも松原氏が言い放つ言葉にはなにかものすごいエネルギーの言霊が宿っているように感じる。
その後松原くんから「にゃーむ」的な擬音語が十数回ほど発せられただろうか。
ふと横を見ると、同じレッドランプの点滅するルーシーの姿が・・・!
(おお・・・兄弟。わかってる~!)とその血を嬉しく思ったりしつつも、
その場はいまだ一触即発状態のまま、異常なほどにスリリングな空気が流れていた。
次第に松原くんの意味不明な擬音語「XX&%$%」は、姿/形を進化させて、すべての調和をつかさどっていた。
彼が何か言うたびに(カムダウン)それは平和の呪文のように聞こえた。

しかし・・・!
残念なことに松原君が席を立った瞬間、怒りの封印はすぐにとかれてしまった。
<突然、ケンカ・始まる>

「バカじゃないの?」・・・どうしても我慢できなくて言ってしまった!
見事にNGワードだった。
その言葉に逆上した水夫さんは私ではなく横にいたLUCYを標的にした。
「ニュースとか見てンのかよ?」と言った。
私はもう怒りのワナワナが限界だった。すでに限界だったLUCYもキレていた。
「当たり前に見てるよ!」(ルーシー)
「嘘やろ~!何のニュースみてんだよ」(ぶちキレ気味の水夫)
「政治。環境・・・・ 言いたいことがあるから自分で音楽やってんだろ」(冷静なルーシー)
「優等生ぶりやがって!」そう水夫が言い放ったとたん、隣でピキっと何かきしむ音がしたようなきがした。
再びNGワードがルーシーから飛び出した瞬間、ガッチャーン!!と何かガラスが割れる音がして目の前のテーブルに火の粉が舞った。
次の瞬間、具合が悪そうに下を向いていたケビンが「なんじゃあごりゃあ”!」と立ち上がった。圧倒される言葉をガガガガっと言い放つと私達の前に躍り出た。さっきのピキッの正体・・・威嚇するケビンは、シュワシュワとしたものが体から放出されていて「北斗の拳」みたいだった。
男気上等!これぞ、ケビンの男塾。格好いいぜー、ケビン!
トイレから戻ってきた松原君は「しまった」と思ったかもしれない。
自分が居ない間に、あんなことになってしまって、さぞ驚いたことだろうな。
(・・・申し訳ない)

私はなんか赤面して立ち尽くしていた。
まるでケンカというか青春学園ドラマみたいだったからだ。

せっかくの楽しい飲み会をバイオレンスな空気にしてしまって申し訳ない気分だなぁ・・・と気まずく思っていると、NAMIちゃんが一言。
「誰も反省しなくていいと思う!」あっけらかんとした口調で言った。
さすが姉御もち肌!いいこと言うな~。そうとも、その通り!
その一言で、なんだか救われた気分に!
その後お店を出ると、みんなすっかりバカになって楽しくなっていた。
はしゃいだ気分でルーシーとケビンと松原くんとで輪になってマイムマイムを踊った。

あんなスリリングな飲み会は初めて!興奮した~。

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。