スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COLOR ME BLOOD RED




みなさん、ついに今年も終わりますね。

突然だけど、今、壁が全部赤い、赤い空間を探しています。
もし何か心当たりがある人がいましたら、その場所を教えてください。
ここでヨクナ・パトーファらと一つのある視覚的な実験的試み(危険な会話、PV撮影、etc)をしたくて今探しているのですが、なかなかないのです。
ヒミツの場所であるっていう場合は、メールの方にでもいいです!
赤い空間、求ム~!


白に赤の光を当てて、赤い部屋を即席で作ってもいいんだけど、
都内に実在する所だと大変ありがたいです。
もし知ってたら、ほんとう助かります。
よろしくお願いします。

ニュアンスとしては、赤は赤でもダークな赤が欲しいと思っていて、別珍の赤、ベルベットの赤、濃い赤、沈んだ赤の色、
日本の赤じゃなくて、イタリアの赤(映画)っていうか・・ペケペケの赤じゃなくて、うーむ言葉で言うのは難しいけれど・・。

色が違うといえば、フランスの黒、色がとてもいいのです。
ファッションの世界では常識かもしれないけど・・黒が違う!
ほんと日本製の黒と違って肌が美しく見える黒色なんです。
フランスに行く機会があったときは、黒い洋服を何か一つ買ってくるといいと思います。
でもどうして違うんだろう?黒は黒なのにね。


今日大掃除をしながら、久しぶりにTVに繋いだら、
バラエティ番組みたいなやつで、お笑い芸人(ネコなんとかって人。たしか)の付き人という男の人が(笑った時の歯がガタガタだった!)カラスを食べたことがあると真剣に自慢していました。
味は白鳥の味がするというので、「ほう・・これは!」と思った。
カラスを食べる自体は気持ち悪いけどシュールだなぁと思って・・
あとうちの家の周りでこの2.3日夜にカラスが大量に鳴いていて(=そこに死があると集まってきて鳴くっていうから)、ブルーな気持ちにさせられていたので思わず見入ってしまいました。

「カラスの色は、なぜ黒い?」という絵本を子供の頃、読んだことがあって
そのお話によると、最初、カラスの色は黒ではなく白だったそうです。
鳥の羽を好きな色に綺麗に染めてくれるという染物屋のふくろうがいて、
やっとカラスの順番が回ってきて色を塗ってもらうことになり、
欲張りなカラスは、「やっぱりあの色がいい」とか「この色じゃない!」とか 散々ダダをこねて、ありったけの好きな色を上から塗らせたんだそう。
梟もカラスのワガママっぷりにだんだん頭にキちゃって、
全部の色を塗りたくってあげたら、結局、真っ黒になっちゃった!・・・というお話です。

黒は黒でも、満足できないから黒になったなんて、子供ながらに衝撃的でした。
欲張りでわがままなところ、カラスってやっぱり変、だけど、ちょっと尖ってて素敵だと思った。こだわりがある!
そのお話は、梟がキレて、PAINT IT BLACK!っていうのもクールだし!
そんな話を思い出しているうちに、その男の姿はTVから消えていました。


話が飛びましたが、それで問題の赤い色は、まさにこのタイプの赤です。
http://homepage.mac.com/jupy/redroom/image/elevator.gif
「シャイニング」のエレベーターシーンのところ。
そんなところです。
(これは自分で好きな長さにいじくったので実際の芸術的な映像とちょっと違っていますが)


それでは、みなさん 
今年も色々とお世話になりました。
皆さま、どうかよいお年を~!



PS.私は例年通り、ニューイヤーロックフェスin浅草で年越しでーす。
明晩シェキナベイベでお会いする皆さん、後ほどね~!
さむいので風邪をひかないように年越しましょう~!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://reddiary666.blog74.fc2.com/tb.php/24-2bc02392

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。