スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's All Over Now, Baby Blue!

ここ最近、twitterばかりやっていたせいもあって全然日記を書いてなかった。。。

前回の日記では思いがけないメッセージをたくさんいただき、ありがとうございます。
読みながらゲラゲラ笑ったり涙出そうになったり、とても嬉しかったです。
NYにはまだ行ってません(笑)
数日前の吉祥寺のS&Rギグに行ったとき、RAMONES fan club japanの会長ユキさんにお会いしたので聞いたところ、CJのベースはまだ見つかってないそうです。

その時はさすがに言えなかったけど、実はある秘密情報網から、とある情報を手に入れた。
それを聞いたとき、まさか!?と思った。でもだんだん、そうかもしれない・・・と思い始めてきた。
今はそうに違いないと思っている!
それは何かというと、<<ある人物の元にCJの盗まれたベースが届けられ、膨大なコレクションの1つに加えられている>>という噂があるのだ。
想像して思わずゾっとした。
ちょっと過激な表現になってしまうので固有名詞は避けるけれど、
ブッシュが「悪の枢軸 (axis of evil)」と呼んで批判したのが記憶に新しい検閲国家ワースト10のワースト1位国の御大の手元に今ベースはあるというのです。
氏は物凄い映画マニアというのは有名な話だけれど(私は知らなかった!2万枚も貯蔵した塔が立ってるとか)音楽にもめちゃくちゃ詳しいらしい。相当なマニアなんだそうだ・・(怖い)。
裏の世界ではオタクの帝王とも呼ばれている。もちろんRAMONESも大ファンに違いない。
かのマイケルジャクソンを自分の誕生日に極秘で招いて自分のためだけのライブをやらせたって話も聞いた・・・。

欲しい物は全部自分の手に入れる。レア物ならなおさら手に入れないと満足できない!
マニアの欲望というものは底なし沼である・・・!

・・・もしそれが本当だとしたら、CJのベースが出てこなくても、こればっかりはしょうがないな・・。くそっ。
FUCK OFF!
そう思うと少し気が楽になった(笑)


ところで話は変わって。
この間、ボブ・ディランの東京公演初日に行ってきました。

bobdylan-yojun.jpg
会場に向かってるところ。興奮高まるモノレールの中

bobdylan32101.jpg
上から見下ろしたZEPP TOKYO前。ものすごい行列・・・!全員ボブディラン待ち。

ボブ・ディランを見るのは初めて。
子供の頃は家でいつもレコードでかかっていたけれど、鼻がつまったような独特な声があんまり好きではなくて「好かん~!」と文句を言ったりもしてた。
ボブ・ディランの格好良さがわかってきたのは本当に最近になってのことかもしれない。
20歳の誕生日にお父さんがFOR EVER YOUNGと一言書いてあるカードを贈ってくれた。
その時ボブディランの曲名だと教えてもらったけど、歌詞カードを見て、その言葉の意味を知ったのはずっと後だった。
それから自分が恋に落ちる相手は、なぜかいつもボブディランが好き、という人だった。
それもかなり聴きこんで1人涙してるタイプ(笑)
10年ぐらい前にロンドンに行ったとき、中古レコード屋でボブディランのbest盤を買って彼にプレゼントした。
もちろん日本のレコード屋にもそのレコードはあると思ったけど、ロンドンからBringing It All Back Home!したのが私の中でのポイントだった。
やっぱり物凄く喜んでくれて、あの時すごく嬉しかった。それからジョーイラモーンがボブディランの熱烈なファンだったエピソードとかお母さんに聞いたりして、そんなことをきっかけに私もディランのアルバムを少しずつ集めるようになった。

そうこうしているうちに、現実では行きたいと思っていたボブディランの初日のチケットは速攻であっけなく売り切れてしまった。びっくり!
オークションとかを覗いたら、チケットが倍ぐらいになっているし、あーあ。もういいや・・・と諦めたところだったけど、なんと前日にゲット!偶然にも、ある方から譲ってもらえたのだった。
この方とは初対面だったけど、いずれまたどこかで会う予感がした。

Bringing It All Back Homejohnwesley.jpgblondon.jpgplanetwaves.jpgfreewheelin.jpghighway61.jpg
ボブディランの好きなアルバムはこの6枚。


客席が暗転してライブが始まる時、「レディース&ジェントルマン~」って外人の男の声でボブディランを呼び込む紹介のスピーチが流れた。言葉の端々まではよく聞き取れなかったけど、後で何て言ってるかわかった↓。

「ご来場の皆さん、ロックンロールの桂冠詩人に拍手を。60年代のカウンターカルチャーの希望の星、フォークとロックをベッドインさせた人、70年代には化粧をし、薬物濫用のとばりの中に姿を隠した男、イエスをみつけて再び登場し、80年代後半には過去の人と呼ばれた人-----そして90年代後半、突然ギアを入れ替え、強力な音楽を発表し、今も盛んな活動を続ける人。みなさん、コロムビア・レコードのアーティスト、ボブ・ディランです。」

この放送はいつもボブディランのライブで流れるんだって!かっこいいー!
(参考文献:BOB DYLAN /TELL TALE SIGNS-2CDライナーより)

ライブが始まったら、ボブ・ディランはただそこにおとなしく座っていてオルガンを弾きながら歌っていた。
MCも何もなく、次々に曲を演奏する。曲が終わってもサンキューとか1回も言わなかった。ああー!
チャーリーセクストンも長身でかっこよかった。メンバーは黒っぽいスーツでキメてる!
一言で言えば、ああ、男の世界!なんてハードボイルドな世界なんだろう。
ステージには余計な装飾は何もなく、照明もシンプルで芸術的。
よけいにディランの素朴な歌い方が自然に胸に染み渡る感じ。

ディランはキーボードとハープのみというのも衝撃だった。ギター弾いたのはたった1曲ぐらい。
ディグニティと風に吹かれても聴きたかったけど、ほとんど知らない曲ばっかりだった!
追憶のHighway 61、ミスター・タンブリンマン、やせっぽちのバラード、それからアンコールで、ライクアローロングストーンをやってくれたのはわかった!

How does it feel How does it feel to be on your own with no direction home
like a completely unkown Like a rolling stone 
の大合唱を楽しみにしていたけど、できるはずもなかった(笑)
黒は黒でもストーンズのそれとはまた違うんだよ!

一番最後は、見張り塔からずっと。この時のオルガンのメロディが初めて聴くアレンジというか魅惑のサウンドで感動した。
どっぷり2時間浸ったハードボイルド・ディラン・ワールドだった。

東京初日3/21 セットリストはこちらで


bobdylan32102.jpg
終演後の物販前は観覧車のネオンがいい感じ。
日替わり限定Tシャツは買えなかったけど、おみやげにTシャツいっぱい買っちゃった。
かわいいチロルチョコは迷ったけど断念。(2つで4,000円は無理だー!)


帰りは渋谷でヨーベリーナとダビデと博多ラーメン食べて、ほくほくで帰った。
ボブディランのライブ、行けてよかった。

今、この間出たばかりの2枚組のブートシリーズ、BOB DYLAN /TELL TALE SIGNSを借りて聴いてるんだけど、どの曲も味わい深くて、ぐっとくる。
1人旅をする時、このアルバムは絶対に持っていくべきだな。
砂漠で聴きながら男泣きしたい!「秘密の暴露」っていうのがまた、かっこいいなぁ。

ライブを見てから、ボブディランの曲の格好良さが初めてくっきりわかった気がする。

コメント

そう云えば

年始だったかな?ボブディラン氏のドキュメントムービー(?)をレンタルして観てました。あの恰好良さは確かに大人に成ってから判るものなのかなぁと。
どなたか存じないけど、最強のマニアにベースを盗難されてた(?)とは、う~ん、何と捉えたらいいのやら。
ツイッターは登録しようとしてるんだけど、赤裸々な話、メカ音痴なわたくしは苦戦ばかりして中々登録には辿り着けません(苦笑)どうしても英語版に飛んじゃうし。登録出来次第、諸事情で何処にも書けない呟きを噴火させると思われ(微笑)だから登録を目論んでるんだけど、Facebookも然り。

先日は、失礼致しました!えっ!?誰だか分からない?そりゃあ、そうですね!シーナ&ロケッツの横浜でのライブ(毎回言いますが最高のライブでしたよね!)で開演前と終演後会話させて頂いた者です!僕もボブ ディランも行ってました!僕もディランは苦手でしたが、映画「DON’T LOOK BACK」で、歌詞が書かれた紙を歌いながら下に捨てて行くシーンを見て「おう~っ!かっこええ!!これは聞かなアカン!」となり好きになりました!最近のアルバムも渋くて良いですよね!「見張り塔~」は色んな方々がカバーされてますが、僕はお世辞じゃなくJUNKさんのお父様がライブで歌われてたのが最高でした!でも、実は帰りの電車が無くて泣く泣く曲の途中で帰ってきた思い出があります!では、またいずれ。失礼致します。

スコッティ徳永さん
こんにちは。ボブディランのライブはほんと格好良かったですよー!

ドキュメントDVD、見たことないです。見てみたい!
私も今ならわかる気がする・・・!

>どなたか存じないけど

ハハハ(笑) IT'sブラックジョーク!
わかってると思うけど~!

ツイッター簡単だよ?始めたらリクエストいつでもカモン!

tee tee ramoneさん
わー!誰かと思ったら・・・・!
先日はまさか横浜のライブでお会いできるなんて思ってなかったので、びっくりしましたよ!嬉しかった!
あの日のライブは本当最高でしたね。夜行、お疲れ様でした!
変な話だけど、tee tee ramoneさんはブルーライトな地がよく似合いますね。
リーゼントと横浜ってほんといい組み合わせです。バッチリ決まってた~!
「見張り塔~」それ、すごくわかる気がします。
私も大好き。

あとディランの映画!まだ見たことないのだ~!いかんですね。新譜も買おうと思いつつ、まだ買ってないし・・・ダメです。ファン失格だ!明日、近所のレコード屋に買いに行くとします。
聞いた噂ではライナーもディランの心境が綴られていて、読むだけでグっとくるらしいですね。ドキドキ。
ライブ行ってから不思議なんだけど、至近距離でライブを見たというのに、まだ全然リアリティがないのです。
贅沢すぎたのか、フワフワしちゃって。まるで夢みたいな感覚にまだ浸っています。
そうそう!伊勢まいりの件、暖かくなった頃計画中なので、その時はよろしくお願いします。
私の知らないディープな世界にぜひとも連れてってもらいたいです!

小春日和・転がる石・・・

こんにちは♪義家です。

吉祥寺GBは素敵なLIVEでしたね・・・お話出来てうれしかったです。

僕の友人が無名時代のDYLANをグリニッチ・ヴィレッジの路上で見かけたそうです。

僕は控えめな作品ですが・・・DON WAS制作の
「UNDER THE REDSKY」が好きです。

また逢える日を願いつつ・・・

うあー

行けたのかー。俺も行きたかったが諦めたクチだったよ。プリティーシングスも見逃したしなぁ。最近見逃してばっかりだよ。 
追伸・電話番号かわった?



義家さん、こんにちは!
先日はどうもです。コメントどうもありがとう。
無名時代のディランを見てるお友達、それはスゴイね!
またライブで会おうね~。

しょういち君へ
おー!こんなところに出てきてびっくり!
何やってんのよ?プリティーズもディランも最高だったよ!ちょっとは飲み代削りなさいよ(笑)
そう。電話ね、ピッチの方正月にどこかで落としちゃって、しょうがなくそのまま解約しちゃったの。そういえば携帯の方はしょういち君の番号、入ってなかったよね。今度macの方に教えてね。
そういや面白い話もあるよ!まぁ今度、タイミングあえば下北で飲もうぜ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://reddiary666.blog74.fc2.com/tb.php/194-08caa184

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。