スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOKO ONO PLASTIC ONO BAND

昨日はYOKO ONO PLASTIC ONO BANDを見に、恵比寿リキッドルームへ行ってきた。

数日前のシーナのパーティで辻坂さんからオノヨーコさんのライブに行く話を聞いたとき、内心、あわわ・・!だった。
記憶違いで日にちを間違えたと思い、まんまと行きそびれてしまった・・・と思っていたのだけど、前日、twitterでオノヨーコさんからライブのお知らせを受けて知ったのだった。
危うく行きそびれるところだった。
(ツイッターやっててよかった!と初めて思った)

yoko-ono-live-poster.jpg

前座のThe GOASTTはショーン レノンとシャーロット ミュールのデュエットバンド。
会場では小鳥のさえずりがBGMにずっと流れていて、
ライブが始まったら、すーっとそのまま森の中のメルヘンワールドへ。
おとぎ話の中に迷い込んだみたいな気分になってしまった。

live02.jpg

シャーロットミュールはメイベリンのCMで見たことある。たしかトップモデルだと思う。すごく可愛かった・・・!ベースはまだ2ヶ月で師匠はショーンだってMCしてた。ナイスだと思った。2人はラブな関係なのかな?2人の間に流れる空気や目を合わせる瞬間に恋人同士みたいなLOVEを感じた。
ショーンとシャーロットの声がサウンドに優しく溶けあっててうっとり。
とても心地よかった。
数年前に見たクワトロのライブの時も思ったけれど、ショーンレノンの声って、あったかくて、いい声で素敵だなぁ。優しくて心がポカポカしてくる。
INTO THE SUNは今でもお気に入りのアルバム。ほんとに太陽の子供なんだと思う。
遠くから見たら、ジョンレノンそっくりだったのもぐっときちゃった。愛のDNA。


そして、YOKO ONO PLASTIC ONO BAND!
オノヨーコさんは真っ赤なカシュクールドレスで登場!出てきた瞬間からいきなりスクリーム!
もうヤバすぎる・・・・!
前日、昔のオノヨーコさんのアルバムを聞きながら、あぁこの声を生で聞けるとは!と想像してブルっと興奮したけれど、やはり現実はもっと衝撃な感覚だった。
笑顔でダンスを踊るヨーコさんはお茶目でかわいい。そして美しい日本語を話す上品で知的な人ってイメージ。
さらに気が触れたように絶叫し続ける声と存在感。ものすごかった。
ヨーコさんの叫びは魂みたいなものがこもってて、鳥肌が立ちまくる。
独特な声のトーンに凄まじい絶叫。これこそNYの前衛芸術!
オノヨーコさん自身が既に「自由」の象徴っていうかサイケデリックキラーで「自由の女神」って気がした。
圧倒的なオーラとパワーにのまれて、たくさんエネルギーをもらった。
ずっとドキドキしてた。どっぷり浸かった。
そして、細野さんがゲストメンバーで登場し(ベース!素敵すぎたー!)、バックバンドはコーネリアス・グループだそう。素晴らしいサウンドだった。
心地いい洗練されたマジカルな世界、そしてやっぱり本質的に尖っているのだ。
矢がビシビシ飛んできた。

live1.jpg


live2.jpg

アンコールで、ハエの映像がドアップでスクリーンに映されて、THE FLYかと思ってワクワク。するとショーンがハエみたいなギターノイズを弾き始め、ヨーコさんの声とで2人で掛け合いをして、そんな流れもすごく楽しかった。
最後は、朝日新聞の夕刊のトップ記事をヨーコさんが読み上げて始まったGIVE PEACE A CHANCE。始まった瞬間から何か涙が出そうになる。
今、過去、現実、未来、色んな情景が頭の中でぐるぐるした瞬間だった。
グルーヴで一つになる感覚、最高にグッドバイブレーション。
客席みんなピースを送っていた。

終演後、興奮冷めやらず、放心する。

yokna-junko.jpg
放心村でヨクナと佇む。

buppan-yokoono.jpg
人だかりの物販コーナー。
ショーンのデザインしたシュールなTシャツと絵本をおみやげに買った。

ショーンが初めて書いたという絵本「ちょうどいい本だ」は、ショーンレノンの音楽みたいに素朴でシンプルなストーリー。幸せについて。美しいお話だった。

seanlenon-sign.jpg
物販ブースにショーンが出てきてくれて、Tシャツにサインをしてもらった!


junko-seanlenon1.jpg
一緒に写真まで撮ってもらっちゃった。


analog-tshirt.jpg

yoko-ono09.jpg
オノヨーコさんと手前はシャーロット。

オノヨーコさんも出てきてくれて、アナログ盤にサインをもらった時、握手をしてもらいながら、ライブの感動を伝えた。
オノヨーコさん「楽しんでいただけてよかったわ」って素敵な笑顔!
心臓がバクバクした。

会場を出て、ヨクナと興奮と夢心地のまま道ばたで色々な話を語り合う。
ヨクナから土星についてレクチャーしてもらい、ある刺激的なプロジェクトに誘った。
とってもいい夜だった。

コメント

朝日新聞夕刊で

朝日新聞夕刊でオノヨーコさんのコラムが4回だったかな?載ったのですが、その1回目、辛いときこそ笑顔で、といったような内容。これに、とても励まされた私でした。

sugoooooooooooooooi!!!!!
ファンタスティックだね。

MissYさん
小野洋子さんの言葉って凄いシンプルな言葉なんだけど、ズシーンってきますよね。わかります!
きっとたくさんの人達に影響を与えられるパワーを物凄く持ってる人なんですよね。こんな道しるべを与えてくれる人が生きてて世界で活躍してて、同じ日本人で本当に心強いし、嬉しいって思いました。
あ、新譜もアバンギャルドでかっこよかったです!


aokiさん
LOVE!!!

読んでるだけでワクワクしたよ。
凄くLOVEに満ち溢れた一夜やったみたいやね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://reddiary666.blog74.fc2.com/tb.php/188-64d7e944

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。