スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いナイフの夜が明けて

夜、VIKINIのパックマンから「押忍!ストレス発散にはヒットラーの本が効くぞ!」とメールが届いた。いきなりなによ?!
・・・おどろきだった。
実はちょうど先日偶然にも、今来日中のドイツ人アレックスに色々聞くチャンスだとナチズムとナチ公について薄っぺらくではあるが調べていたところだったからだ。
第三帝国、というと、いつもcanとかアモンデュールとか、ロック方面ばかりお馴染みだったけど、ナチズムについて調べだしたら、もう恐ろしいのなんの。止まらなくなってしまった。

★簡単豆知識
ナチ党員は自分たちをナチおよびナチスとは言わない。自称としては党名のイニシャルを略して「NSDAP(エヌエスデーアーペー)」或いは「NS(エヌエス)」と呼んでいた。映画などで「ナチス」と言うのは本来は誤りであるらしい。


そして、ある恐ろしい事件に行き着いた。その名も「長いナイフの夜」事件。
長いナイフの夜だってー?(名前がもうヤバい)
(これはヒットラー一派が非合法的な手段と残忍な手口を使って、敵を大虐殺したというおぞましい事件なのであった。その事件以後ヒトラーの主導権が確立されたという、まさに軍国主義への引き金を引いた最凶事件である。スターリンの独裁にも影響を与えたテロ事件だとして知られているらしい。)

秘密警察・ゲシュタポについて、なんにも知らなかったよ・・・。ぞくっ。
さっそくアマゾンで気になった本を注文した。

「ヒトラーの秘密警察―ゲシュタポ・恐怖と狂気の物語 」
ルパート バトラー (著), 田口 未和 (翻訳)
gestapo.png
★写真が100ページも掲載されているというのが、即買いのポイントに。

パックマンに、思考回路近いのかなぁ~(笑) と返信(困惑)したら、五族共和と日本権力の暴走についての本を薦められた。

ところ変わって、文化の日。
朝早く起きて、アレックスと下北でランチ。
外の店の看板の「LUNCH」のデカ文字につられ、知らないお店に入ってみることに。
階段を上がって、古い木のドアをあけると、中にど~んと木が立っていた。おお~すごい!と、木のそばのソファに腰掛ける。
目の前には、TVが据え置きしてあって、画面では海外の面白CM集がずっと流れてた。そして、BGMはビートルズが延々と・・。
二人して思わず顔を見合わせて苦笑したが、話題はぜんぜん尽きなかった。(主にホラー映画の情報交換。)
今、公開されてるサムライムの映画「DRAG ME TO HELL」が今一番見たい映画だというと、アレックスが嬉しそうに「あれは大当たりだ!」といって熱弁ふるってきた(笑)
「スパイダーマンはサイテーだったけど、DRAG ME TO HELLはヤバすぎる!」そうだ。
おぉ~!これは映画館に見に行かなくっちゃ♪(※邦題はスペル)

アレックスから、お土産にGOBLINのレアトラック集と1970年代のマカロニ映画『MATALO!』のサントラCDをもらう。
『MATALO!』は、めちゃくちゃトリッピーなプログレだった。


Mataloc.jpg
今年の冬はこれを聞きながら、ぬくぬくしたい♪

気がついたら、3時間近く長居していて外が暗くなっていた。
お店を出てシモぶら。古着の着物屋の前をわざと通ったら、アレックスがやっぱり反応した!
お父さんに古い着物をプレゼントしたいと言うので、それはナイスアイデアだと2人でXXXLサイズの着物を漁ることに。
店主のおじさんが出てきて、何を探しているのか聞いてきたので、ビッグサイズの着物だと言うと、中からたくさん持ってきてくれた。
でもどれも地味な柄。色も褪せてて、貧乏くさい感じ。。。アレックスもやっぱり気に入らないみたいで、ん~~っと首を横に振る。
たぶんアレックスは昔のカルトな日本映画に出てくるようなイメージの着物が欲しいのだろうとピンときた。(たとえば江戸川乱歩の「 恐怖奇形人間」とか?)

もっと『ヤクザ』風な柄で、侍のイメージで、鯉とか松の木が描かれてたり、梵字がぐわっと全体に入ってたり、色がはっきりしたやつ、で、一番大きいサイズはないかと代わりに聞いてあげると、おじさんはニヤリとしながら、「ないね~!」と江戸っ子風に言った・・。
それでも、オススメがあると言って、どんどん奥から出してきてくれるので、申し訳なくて時々、アレックスに無理矢理羽織らせてみた。
外人に着物着せると、どこか「俺達ひょうきん族の七人の侍」の世界だけど、なんだか新鮮で似合う。
しかもちょっとニューウェーブっぽくておもしろい(笑) 
着せ替えゴッコみたいで面白かった。着物は高かったので、結局、何も買わずにお店を後に。見てるだけ~♪(さんざん探させて、ひどい!)
その後、ゲーセンに行き、2人でゾンビゲーム。
派手にゾンビ達をやっつけて、親玉までやっつけて、スカっとした。

あと知らなかったんだけど、日本に輸入されてる着色料でベタベタのお菓子、全部アメリカ産だと思っていたら、ほとんどドイツのお菓子だったことを知ってビックリ!
カルディに入ったら、アレックスが嬉しそうに「これもそうだ!」「あれもだ!」と指さして、見たことない色のチョコレートを美味しいからと買ってくれた。
最後にビレバンとユニオンと古本屋を一緒にぷらついてお別れ。


lloy.jpg

夜になって、lloyのライブへ。
ヨクナも見たがっていたので誘ったら、伊豆にいるというので残念。1人でチェルシーホテルへ自転車を飛ばす。

lloyの220日ぶりのライブ!久しぶりに見るlloyのライブは最高に素敵だった。
音もなんだか生まれ変わっていて空間もムードもピカピカしてた。

ステージに吊り下がったスーサイド。客席のスーサイド。
真ん中で黒い馬が宇宙を走っている幻想的な景色。気がついたら、永遠の旅。
スターリンで飛ばされていく。ホーリーな感覚。金色のメデューサが牙をむいて・・
目の前にいる4人はやけに生々しくて、全く夢なんて見てなさそうな現実的な目をして凶暴に動いている。そこがもうたまらなかった。
そのギャップなのか相乗効果なのかわかんないけど、満員のお客さんの中、胸の奥がジリジリ熱くなってグッドバイブレーションをたくさんもらった。
ライブ後に会いに行ったらまたドキドキした。
これまでも何度も刺激と衝撃をもらってきたけれど、今回もすごく刺激を受けちゃった。
ありがとう、lloy!

lloy(myspace)

去年の夏、一度YUKO-CATが魔法をかけてくれて、不思議な前世の旅をしたことがあった。
ヒプノセラピー!潜水艦に乗って2人で海の底の方まで沈んでいったら、木のドアが出現した。
あの時、帰り道フワフワした夢心地で歩いていたら隣で枯れ葉を拾ってプレゼントしてくれたYUKOちゃん、かわいくて嬉しくて抱きしめたかった。横断歩道の前だったから遠慮してしまったけど、昨日は我慢できなくて思わず抱きしめてしまったよー。

ほろ苦くて甘いチョコレートが口の中でまだ溶けてる気分。
今夜もいい夢が見れそう。

Thank you Sweetie!

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。