スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのリザードメンのインタビュー!

12月もすっかり終わりが見えてきた。
毎日色々なことがあって日々頭の中が忙しい。
あれもこれも日記に書きたいことがあるけど、アレックス事件以来書いてなかったのですっかりたまってしまっている。

最近の私のトップニュース1。
今、発売中の雑誌DOLL1月号に宇治晶さんのインタビューが載っている!!
宇治さんはミラーズのライブで映像をやってくれているお方だ。

doors3.jpg
宇治さんの映像で大好きな緑の炎。ゾンビを演奏する時、いつもこの映像を流してくれる。最高!
他に宇治さんの映像で好きなのはエレベーターの時流れる「吸血鬼ノスフェラトゥ」をコラージュした映像。
4906626_75.jpg
ヒアウィーゴー!のところでオルロック伯爵がぐぉ~んと飛び出してくるの。興奮しちゃう!


宇治さんが作ってくれたスペルバウンドのイメージムービー!


SPELLBOUND
DARKSIDE MIRRORS LIVE , 2004
映像:宇治 Aquirax

<解説> 
2002年よりブルーベルベットナイトにてリザードメンこと宇治Aquirax氏と数々のコラボレーションを展開する。ライブではダークサイドミラーズ専属ヴィジュアルアートとして、リザードメン(宇治Aquirax)制作によるセットリスト各曲のイメージに合わせたイメージ映像(ホラーサイケ映像)をバックスクリーンに映し出し、独特の世界観をより一層際立たせている。
宇治氏は、かつて裸のラリーズの影のメンバーとして、ライブの背景でヴィジュアルアートを担当していた事で知られているが、21世紀を迎えた現在、音楽と映像のコラボ、またmac・レンチュキラーを使った立体視画像など様々な分野において、視覚レトリックの第一人者として、また先鋭的なサイケデリック・アートの先駆者として様々な方面で活躍している。
(※ミラーズ映画館より)



噂を聞きつけて、さっそく雑誌DOLLのインタビューページを見たら、もうほんとに感激した。
宇治さんが裸のラリーズの映像をやっていた当時の出来事がリアルに、そして宇治さんのダークでサイケデリックな頭の中が紙面に広がっている。
インタビューの内容がすごくハイクオリティで実があって、まずヴィックリした。
こんなにありのまま語られているネイキッド・スピリチュアルなインタビューは久しぶりに見た。
嘘っぽくない。リアルに書かれている。(音楽雑誌に載ってるアーティストのインタビューって、ちょっと提灯持ちな記事のイメージがあるもんね。苦笑)
さらにさらにインタビューの中で宇治さんが私達のことをたくさんしゃべってくれてる・・・!嬉しい!
感激で何度も何度もページを繰り返し読んだ。(LUCYなんて全文模写したぐらいだ!)
宇治さんがなんで私達のライブで映像をやることにしたかってエピソードが書かれていて、
「彼女たちの会話を聞いていたら、とにかくブッ飛んでいたんだよ(笑)」この一文に宇治さんの愛を感じてめちゃくちゃ嬉しかった。

東京アンダーグラウンドアーリーコネクションというコーナーの、86ページ!
みなさん、超必見です!

このページはLUCYによると、DOLL誌の中でもめちゃくちゃ硬派なコーナーだそう。
インタビュアーは古川博一さん。これまで戸川純さんや高木完さん、恒松さんなどが登場していて今後このコーナーの単行本化も予定されているとか。

そしてなんと、2月号のそのページに、DARKSIDE MIRRORSが登場します!
ちゃんとした音楽雑誌にインタビューが載るのは初めてだ。しかも見開き!
宇治さんが私達をクローズアップしてくれたから古川さんが興味を持ってくれてインタビューの話がきたんだと思う。宇治さんのおかげです。素直にうれしい!

インタビューは普段、人から聞かれないような音楽的かつ感覚的なかなり突っ込んだことをいっぱい聞かれた。新しいアルバムの構想についてもいっぱいしゃべった。
子供の時からあこがれてたDOLL(去年ドールについて書いた日記参照→DOLLを読んで思い出したこと)に載ることができて嬉しいです!

発売したらまた知らせるので、ぜひぜひ読んでね!


それじゃあ吉祥寺に今から行ってきま~す!
やきとり食べに伊勢屋へゴー!ゴー!

コメント

久コメントです。

が、記事は毎回読ませて戴いてます。DOLLの記事、読みました!次号のインタビューがとても楽しみです!!新作への期待が膨らみます!(^^)!
吉祥寺ですか…因みに来週行きます、個人的に。
コネクションがコネクションを呼んで舞い込む話は、とても有り難く、感謝してもしきれないでしょうね^^;

徳利さんハロー!
次号のインタビュー楽しみにしててくださいね。
私はあまりしゃべりませんでしたけど。
LUCYの哲学ロックンロールが炸裂しています!
あと、いつも絶対聞かれるという質問を1個もされない初めてのインタビューでした。
古川さん、凄いお方でした。1stのテレフォンのドラムを聞いて、テレビジョンの Little Johnny Jewelを連想したというので、ドキリと衝撃でした。まさにあの曲のあのリズムを私は耳パクしたのです。
まさか言い当てられるとは。あんな質問、初めてでした。
さらに、私とケビンはこのインタビュー後、ドーナツ屋でつかみ合いのケンカが始まります。
なんて嘘です!・・・まぁざっとこんな案配ですわよ(笑)
私は吉祥寺のユニオンに行くのが好きです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。