スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TELEPHONEと赤い部屋の女

  
今日は、屑山屑男さんとゐぬつばきさんとLUCYとで夜の下北にて密会した。
屑山さんが今度11月に出すというROCK × HORRORなファンジン創刊号の「TRASH UP!」にDARKSIDE MIRRORSのスペシャルインタビューを組んでくれるという嬉しい話をいただき(ひゃっほう!お楽しみにーハート)、
インタビュアーのゐぬつばきさんと顔合わせを兼ねて雑談!
ワクワクしたひとときを過ごしました。

ここ最近週に2回はお会いしている屑山さんは置いておいて、私はゐぬつばきさんと実は共通点がかなり多く、
ずっとお近づきになりたかった人だった。
今回インタビューしてくれるなんて感激この上ないです!
草間彌生で繋がり、はたまたサイコビリーで繋がり、ゴス論で繋がり、廃墟好きも然り。個人的には今度デートに誘いたい人だ。(なんて調子に乗って告白しちゃう・・。)
さらに、ゐぬつばきさんによるレクチャーで、「ナレコレプシー」つながりでもあったことが判明した。

ナレコレプシーとは、私のG調べによると
 『思春期前半のおこりやすい睡眠障害で、覚醒を維持できないことが特徴です。起こるとカクッと(情動脱力発作)なります。』とある。
まぁ一種の睡眠障害のことで、特徴としては、以下の通り。
   ・過度の眠気と脱力発作
   ・日中に反復する居眠り
    → 金縛り、幻覚、自動症、夜間睡眠の分断

昼間、私は何度も不意にカクッと瞑想タイムが訪れる。
反対に夜は第三の目が開いて、調べ物に明け暮れ朝日が昇るまで眠れない。
この謎の病を克服しようと辛い思いをして病院に通う人も多いようだが、私はこれからもナレコレプシーと共に生きたいと切に願う。
不意に落ちたとき見る夢はとても不思議な夢や暗示的な夢が多く、ヘタな映画を1本見るよりも素敵なトワイライトゾーン体験ができるからだ。
あと夢マニアとしては、この浮遊感はたまらない。
潜在意識をコントロールする練習ができる。
アイソレーションタンクに入る日が来るまで、なんとか物にしたいと思う。

そして我々の談義は最終的に「盛り塩」についてで落ち着いたのだった。

私は週一で玄関に盛り塩しているんだけど、盛り塩してからというもの、体調、精神状態ともに良好なのだ。
盛り塩、本当にオススメだよ~!



ところで、映像界のニューエイジ、ヨクナ・パトーファさんによってDARKSIDE MIRRORSのPV第2弾が完成しました!
曲はSTAY EVIL!!の10曲目に入っているテレフォンです!

この曲は、私の見た夢をもとに作った曲で、あるストーリーが実はあるのです。

<その夢>

洋服の青山の2階でスーツを選んでいると、下からショルダーバックを持った男が凶器を持っているという声が聞こえたので、とっさに窓からパイプをつたって逃げた。 店からは、悲鳴が聞こえた。
あちらこちらで、パトカーや救急車がサイレンと共に鳴っていた。
空は、どんよりしていた。
信号機も、目茶苦茶な点滅をしていた。
もうこの世の終わりかと思った。
携帯が見あたらないので、近くの公衆電話から女に電話をかけたらプップップップ という音がして故障しているみたいだった。
雑貨屋のおじさんは、従業員が「帰リます」という言葉にも耳を貸さず営業をしていたが、 誰かがこの世の異変を告げると慌てふためいて暗い街に消えていった。
ジョディ・コールマンがふと道路を見ると、一台の車が乗り捨てられていた。中に乗り込むと車のキーがささっていた。
訳もわからずエンジンをかけ、アクセルを踏む
(暗闇の高速道路へ・・・・)

<解説>
「WHO AM I ? 」逃げているのは「現実」からかもしれないし、
狂気の世界かもしれない。
テレフォンは、静寂な中の恐怖と狂気を描いてる曲で、
「ARE YOU OK?」の一言に「正常か異常か」もう1人の自分に
自分の正体を問いかけながら、じんわりと覚醒してゆく感覚と
そんな瀬戸際の焦燥感を曲にしました。

ヨクナ・パトーファさんは21歳の哲学科に通う大学生の傍らで、たった1人で謎のショートムービーを撮り続けている、私が今、最も注目している映画監督です!デヴィッドリンチを通じて知り合いました。
そして今回テレフォンが、彼女のPV処女作品となったので、とても光栄で嬉しく思ってます。一ファンとして、今後もどんどん刺激的な作品を作ってもらいたいです!

「テレフォン」は、曲のストーリーを元にヨクナの斬新な解釈が加わって、とても感覚的かつダークで暗示風なコラージュ映像に仕上がっていると思います。

ぜひぜひ見てください!


DARKSIDE MIRRORS PV -TELEPHONE-
-Directed by YOKNA PATOFA(欲名 鳩刄)


“THIS SONG IS SINGING ABOUT STRANGE AND BLACK AND RED"

Cast/
*DARKSIDE MIRRORS ( LUCY, JUNK, DEATH JOE, KEVIN)
*シンガー・・・・ LUCY MIRROR
*赤い部屋にいる女・・・・・ JUNK the RiPPER
*逃亡する男・・・・・ 高野竜 
*マンションにいる男・・・・・野澤健
左右対称シャドウ・・・・・松本亮介

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。