スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOKO ONO PLASTIC ONO BAND

昨日はYOKO ONO PLASTIC ONO BANDを見に、恵比寿リキッドルームへ行ってきた。

数日前のシーナのパーティで辻坂さんからオノヨーコさんのライブに行く話を聞いたとき、内心、あわわ・・!だった。
記憶違いで日にちを間違えたと思い、まんまと行きそびれてしまった・・・と思っていたのだけど、前日、twitterでオノヨーコさんからライブのお知らせを受けて知ったのだった。
危うく行きそびれるところだった。
(ツイッターやっててよかった!と初めて思った)

yoko-ono-live-poster.jpg

前座のThe GOASTTはショーン レノンとシャーロット ミュールのデュエットバンド。
会場では小鳥のさえずりがBGMにずっと流れていて、
ライブが始まったら、すーっとそのまま森の中のメルヘンワールドへ。
おとぎ話の中に迷い込んだみたいな気分になってしまった。

live02.jpg

シャーロットミュールはメイベリンのCMで見たことある。たしかトップモデルだと思う。すごく可愛かった・・・!ベースはまだ2ヶ月で師匠はショーンだってMCしてた。ナイスだと思った。2人はラブな関係なのかな?2人の間に流れる空気や目を合わせる瞬間に恋人同士みたいなLOVEを感じた。
ショーンとシャーロットの声がサウンドに優しく溶けあっててうっとり。
とても心地よかった。
数年前に見たクワトロのライブの時も思ったけれど、ショーンレノンの声って、あったかくて、いい声で素敵だなぁ。優しくて心がポカポカしてくる。
INTO THE SUNは今でもお気に入りのアルバム。ほんとに太陽の子供なんだと思う。
遠くから見たら、ジョンレノンそっくりだったのもぐっときちゃった。愛のDNA。


そして、YOKO ONO PLASTIC ONO BAND!
オノヨーコさんは真っ赤なカシュクールドレスで登場!出てきた瞬間からいきなりスクリーム!
もうヤバすぎる・・・・!
前日、昔のオノヨーコさんのアルバムを聞きながら、あぁこの声を生で聞けるとは!と想像してブルっと興奮したけれど、やはり現実はもっと衝撃な感覚だった。
笑顔でダンスを踊るヨーコさんはお茶目でかわいい。そして美しい日本語を話す上品で知的な人ってイメージ。
さらに気が触れたように絶叫し続ける声と存在感。ものすごかった。
ヨーコさんの叫びは魂みたいなものがこもってて、鳥肌が立ちまくる。
独特な声のトーンに凄まじい絶叫。これこそNYの前衛芸術!
オノヨーコさん自身が既に「自由」の象徴っていうかサイケデリックキラーで「自由の女神」って気がした。
圧倒的なオーラとパワーにのまれて、たくさんエネルギーをもらった。
ずっとドキドキしてた。どっぷり浸かった。
そして、細野さんがゲストメンバーで登場し(ベース!素敵すぎたー!)、バックバンドはコーネリアス・グループだそう。素晴らしいサウンドだった。
心地いい洗練されたマジカルな世界、そしてやっぱり本質的に尖っているのだ。
矢がビシビシ飛んできた。

live1.jpg


live2.jpg

アンコールで、ハエの映像がドアップでスクリーンに映されて、THE FLYかと思ってワクワク。するとショーンがハエみたいなギターノイズを弾き始め、ヨーコさんの声とで2人で掛け合いをして、そんな流れもすごく楽しかった。
最後は、朝日新聞の夕刊のトップ記事をヨーコさんが読み上げて始まったGIVE PEACE A CHANCE。始まった瞬間から何か涙が出そうになる。
今、過去、現実、未来、色んな情景が頭の中でぐるぐるした瞬間だった。
グルーヴで一つになる感覚、最高にグッドバイブレーション。
客席みんなピースを送っていた。

終演後、興奮冷めやらず、放心する。

yokna-junko.jpg
放心村でヨクナと佇む。

buppan-yokoono.jpg
人だかりの物販コーナー。
ショーンのデザインしたシュールなTシャツと絵本をおみやげに買った。

ショーンが初めて書いたという絵本「ちょうどいい本だ」は、ショーンレノンの音楽みたいに素朴でシンプルなストーリー。幸せについて。美しいお話だった。

seanlenon-sign.jpg
物販ブースにショーンが出てきてくれて、Tシャツにサインをしてもらった!


junko-seanlenon1.jpg
一緒に写真まで撮ってもらっちゃった。


analog-tshirt.jpg

yoko-ono09.jpg
オノヨーコさんと手前はシャーロット。

オノヨーコさんも出てきてくれて、アナログ盤にサインをもらった時、握手をしてもらいながら、ライブの感動を伝えた。
オノヨーコさん「楽しんでいただけてよかったわ」って素敵な笑顔!
心臓がバクバクした。

会場を出て、ヨクナと興奮と夢心地のまま道ばたで色々な話を語り合う。
ヨクナから土星についてレクチャーしてもらい、ある刺激的なプロジェクトに誘った。
とってもいい夜だった。
スポンサーサイト

SHEENAのバースディパーティ!

今週は記憶喪失になりそうなほど、ロマンチックなパーティ。
22日の深夜はS&RのファンクラブHHH主催のSHEENA'S BIRTHDAY PARTY@下北沢クラブQueへ!
birthday-party.jpg

久しぶりに会う人や初めて会う人、ロケッツフリーク達と夜通し朝までハッピーバースディパーティ。
少し前、革ジャンをアメリカから衝動買いしてしまい、それから毎晩鋲を打ちまくっていた革ジャンでパーティへゴー!

実はこの日、フリーマーケットも同時開催ということで、もちろん私も出品したのでした!
ロケッツフリークが買ってくれるのかもしれないと思うと、チンケな物やしょぼいものはとても出せない。全部、宝物やレアものだけを大放出した。
とはいえ私のだけ売れ残ったらイヤだなぁとかホラービデオは売れ残るだろうな・・・、なんて気弱に思っていたのに(笑)、びっくり。なんと全部売れてしまい、嬉しかったのでした。

誰が何を出品したかはシークレットという約束だったのだけど、私の出したブツをここに1部記録しておくとしよう。

ジャーン!!

★「河童の手」・・・九州のとある名店で買ってきたものである。フフフ・・
★ラモーンズの缶バッチ
★US製コンバース (デッドストック、未使用!)・・・これはナベのJr.ロクロー君にプレゼントしちゃった。
★マーシャルアンプのトランプ・・・マーシャルマニアはたぶんめくるたび嬉しいはず!(全部違う機材が絵柄になってるもの!)
★チャールズマンソンのTシャツ(これはスゴイレア!おまけに新品だよ)
★DVD「ワイルドパーティ」・・・ラスメイヤーの名作!好きすぎて2枚持っていたDVDの1枚を持ってけ泥棒~!
★VHS「バタリアン・リターンズ」・・・ブライアンユズナの傑作!PUNK姉ちゃんが最高にクール。ゾンビもの!そして切ないラブストーリーといったらナンバー1はこれ!
★VHS「ブレインデッド」・・・やり過ぎ感がたまらないスプラッターホラー!超タブーすぎで爆笑するカルトムービー!

などなど。

買ってくれたみなさん、どうもありがとうございます。
何を出品してるかわざわざ聞きにきて買ってくれた奇特なお方までいて記念に一緒に写真を撮ったりしました。嬉しかったです。その一枚がこれ!
party1s.jpg
風貌がロンドンセッションのお父さんみたい!またライブで会えたらいいな~。

DJのクールな選曲でみんな踊ったり、ロケッツのライブはいつもと違うパーティチューンばかりやってくれたし、なべのラモーンズHEY HO LET'S GO!!は最高だった。
オールラモーンズナンバー、BEAT ON THE BRATな選曲。しびれるぜ!ナベのギターも歌も、穴井さんのグルーヴィなベースも、東川さんのトミーラモーン流のドラムもたまんなかった。
今、わたし一番これが聞きたかったんだよ・・!と思った。
しかも岩口兄ちゃんがペットセメタリーを歌ってくれて、涙が出そうになった・・・!
ラストは大好きなTODAY YOUR LOVE,TOMORROW THE WORLD!

foxpill1.jpg

それからlucyのニューバンド、FOXPILL。ケビンが曲を書いているらしいけど、私の知らないスイートで素朴なムードでかわいかった~。1曲、魔法少女系のアニメの主題歌にぴったりなすごく好きな曲があった。SUN EAT SUNって曲が好きです。

この日は色んな人と一緒にお話したり写真を撮りまくったな。

sheena-mako-wolfs.jpg

kawasimaberry-yj.jpg

mako-junko.jpg


あっという間に夜が明けちゃった。
こんなにアットホームで幸せな気分になるパーティは滅多にないと思った。
最高に楽しかった!
次の日もその次の日もパーティの余韻のまま過ぎていった。

yo-ju-mon.jpg

The Third Reich 'n Roll

この間、近所の大学の学園祭にヨーベリーナに呼び出される。
にぎやかな校内の庭でスリランカカレーを1人で立ち食い。最高に美味しかった!
その後、迷路のような学校の中を歩いて、校舎の3Fの「書道室」に呼ばれる。

小学生以来の書道教室。筆を持つと、久しぶりの快感で手が震えた。
魔、悪、道、気、さまざまな一字を白い紙に書く。
習字ってこんなに難しかったけ・・・?
書きながら墨の美しさに心を奪われていると、書く字を急に忘れてしまうのだ。
なんなんだあれは!
字に持つパワーというのはあるのだなぁ。書きながらドキドキして最後まで書けない字もあった(笑)
楽しかった!

一字だけきれいな紙に書かせてもらえるというので、いざ気を集中して字を書いた。

kuu-syuji.jpg

空でもなければ空でもない。空(くう)である。

空海の空。空虚の空。空白の空。

「欲のない空だね」とヨーベリーナに批評される。意味がわからない。。。
ヨーベリーナは「気」という字を既に書いていたので、2人あわせて「空気じゃん!」と喜んだ(笑)

daigaku2.jpg
大学にあった不思議なオブジェ。はしゃいだ~!
真ん中の内部に入れるというのも興奮ものだった。
子供の頃、布団をかぶってテントみたいに中に懐中電灯を入れて怖い話大会をしたことを思い出した。


daigaku3.jpg
かわいいソファでSITTIN ON MY SOFA!


daigaku1.jpg
白いオーブみたいなのがいっぱい浮かんだ食堂。
頭の中で浮かびのピーチガールを口ずさむ。



今、The ResidentsのThe Third Reich 'n Rollを聞いている。
これは効くーーーーー!毛穴が踊るほど、やばいです。
ワナワナワナワナ。

residents.jpg
residents2.jpg


なぜ人間それ自体が創造的な芸術になって悪いのだろう。

革命的な政治行動がすでに革命的な芸術行動であるという戦後派の一つのケルンを極端に大きくしたところぐらいまできてもいいのじゃないかと思う。

埴谷雄高の本を2冊買った。「架空と現実」、すごく面白いです。
ハートマーク!
ヨクナ、ありがと。

そういうわけで、テーマが決まった。
土星めがけてブーメラン。サイコジェニック・フーガな試み。

それはそうと、lloyの松原君からある刺激的なプロジェクトに誘われた。
もう既に始まっているけれど、私はまだ実体を知らないのです。
これからそのミーティングに行ってきます。ワクワクだ!

長いナイフの夜が明けて

夜、VIKINIのパックマンから「押忍!ストレス発散にはヒットラーの本が効くぞ!」とメールが届いた。いきなりなによ?!
・・・おどろきだった。
実はちょうど先日偶然にも、今来日中のドイツ人アレックスに色々聞くチャンスだとナチズムとナチ公について薄っぺらくではあるが調べていたところだったからだ。
第三帝国、というと、いつもcanとかアモンデュールとか、ロック方面ばかりお馴染みだったけど、ナチズムについて調べだしたら、もう恐ろしいのなんの。止まらなくなってしまった。

★簡単豆知識
ナチ党員は自分たちをナチおよびナチスとは言わない。自称としては党名のイニシャルを略して「NSDAP(エヌエスデーアーペー)」或いは「NS(エヌエス)」と呼んでいた。映画などで「ナチス」と言うのは本来は誤りであるらしい。


そして、ある恐ろしい事件に行き着いた。その名も「長いナイフの夜」事件。
長いナイフの夜だってー?(名前がもうヤバい)
(これはヒットラー一派が非合法的な手段と残忍な手口を使って、敵を大虐殺したというおぞましい事件なのであった。その事件以後ヒトラーの主導権が確立されたという、まさに軍国主義への引き金を引いた最凶事件である。スターリンの独裁にも影響を与えたテロ事件だとして知られているらしい。)

秘密警察・ゲシュタポについて、なんにも知らなかったよ・・・。ぞくっ。
さっそくアマゾンで気になった本を注文した。

「ヒトラーの秘密警察―ゲシュタポ・恐怖と狂気の物語 」
ルパート バトラー (著), 田口 未和 (翻訳)
gestapo.png
★写真が100ページも掲載されているというのが、即買いのポイントに。

パックマンに、思考回路近いのかなぁ~(笑) と返信(困惑)したら、五族共和と日本権力の暴走についての本を薦められた。

ところ変わって、文化の日。
朝早く起きて、アレックスと下北でランチ。
外の店の看板の「LUNCH」のデカ文字につられ、知らないお店に入ってみることに。
階段を上がって、古い木のドアをあけると、中にど~んと木が立っていた。おお~すごい!と、木のそばのソファに腰掛ける。
目の前には、TVが据え置きしてあって、画面では海外の面白CM集がずっと流れてた。そして、BGMはビートルズが延々と・・。
二人して思わず顔を見合わせて苦笑したが、話題はぜんぜん尽きなかった。(主にホラー映画の情報交換。)
今、公開されてるサムライムの映画「DRAG ME TO HELL」が今一番見たい映画だというと、アレックスが嬉しそうに「あれは大当たりだ!」といって熱弁ふるってきた(笑)
「スパイダーマンはサイテーだったけど、DRAG ME TO HELLはヤバすぎる!」そうだ。
おぉ~!これは映画館に見に行かなくっちゃ♪(※邦題はスペル)

アレックスから、お土産にGOBLINのレアトラック集と1970年代のマカロニ映画『MATALO!』のサントラCDをもらう。
『MATALO!』は、めちゃくちゃトリッピーなプログレだった。


Mataloc.jpg
今年の冬はこれを聞きながら、ぬくぬくしたい♪

気がついたら、3時間近く長居していて外が暗くなっていた。
お店を出てシモぶら。古着の着物屋の前をわざと通ったら、アレックスがやっぱり反応した!
お父さんに古い着物をプレゼントしたいと言うので、それはナイスアイデアだと2人でXXXLサイズの着物を漁ることに。
店主のおじさんが出てきて、何を探しているのか聞いてきたので、ビッグサイズの着物だと言うと、中からたくさん持ってきてくれた。
でもどれも地味な柄。色も褪せてて、貧乏くさい感じ。。。アレックスもやっぱり気に入らないみたいで、ん~~っと首を横に振る。
たぶんアレックスは昔のカルトな日本映画に出てくるようなイメージの着物が欲しいのだろうとピンときた。(たとえば江戸川乱歩の「 恐怖奇形人間」とか?)

もっと『ヤクザ』風な柄で、侍のイメージで、鯉とか松の木が描かれてたり、梵字がぐわっと全体に入ってたり、色がはっきりしたやつ、で、一番大きいサイズはないかと代わりに聞いてあげると、おじさんはニヤリとしながら、「ないね~!」と江戸っ子風に言った・・。
それでも、オススメがあると言って、どんどん奥から出してきてくれるので、申し訳なくて時々、アレックスに無理矢理羽織らせてみた。
外人に着物着せると、どこか「俺達ひょうきん族の七人の侍」の世界だけど、なんだか新鮮で似合う。
しかもちょっとニューウェーブっぽくておもしろい(笑) 
着せ替えゴッコみたいで面白かった。着物は高かったので、結局、何も買わずにお店を後に。見てるだけ~♪(さんざん探させて、ひどい!)
その後、ゲーセンに行き、2人でゾンビゲーム。
派手にゾンビ達をやっつけて、親玉までやっつけて、スカっとした。

あと知らなかったんだけど、日本に輸入されてる着色料でベタベタのお菓子、全部アメリカ産だと思っていたら、ほとんどドイツのお菓子だったことを知ってビックリ!
カルディに入ったら、アレックスが嬉しそうに「これもそうだ!」「あれもだ!」と指さして、見たことない色のチョコレートを美味しいからと買ってくれた。
最後にビレバンとユニオンと古本屋を一緒にぷらついてお別れ。


lloy.jpg

夜になって、lloyのライブへ。
ヨクナも見たがっていたので誘ったら、伊豆にいるというので残念。1人でチェルシーホテルへ自転車を飛ばす。

lloyの220日ぶりのライブ!久しぶりに見るlloyのライブは最高に素敵だった。
音もなんだか生まれ変わっていて空間もムードもピカピカしてた。

ステージに吊り下がったスーサイド。客席のスーサイド。
真ん中で黒い馬が宇宙を走っている幻想的な景色。気がついたら、永遠の旅。
スターリンで飛ばされていく。ホーリーな感覚。金色のメデューサが牙をむいて・・
目の前にいる4人はやけに生々しくて、全く夢なんて見てなさそうな現実的な目をして凶暴に動いている。そこがもうたまらなかった。
そのギャップなのか相乗効果なのかわかんないけど、満員のお客さんの中、胸の奥がジリジリ熱くなってグッドバイブレーションをたくさんもらった。
ライブ後に会いに行ったらまたドキドキした。
これまでも何度も刺激と衝撃をもらってきたけれど、今回もすごく刺激を受けちゃった。
ありがとう、lloy!

lloy(myspace)

去年の夏、一度YUKO-CATが魔法をかけてくれて、不思議な前世の旅をしたことがあった。
ヒプノセラピー!潜水艦に乗って2人で海の底の方まで沈んでいったら、木のドアが出現した。
あの時、帰り道フワフワした夢心地で歩いていたら隣で枯れ葉を拾ってプレゼントしてくれたYUKOちゃん、かわいくて嬉しくて抱きしめたかった。横断歩道の前だったから遠慮してしまったけど、昨日は我慢できなくて思わず抱きしめてしまったよー。

ほろ苦くて甘いチョコレートが口の中でまだ溶けてる気分。
今夜もいい夢が見れそう。

Thank you Sweetie!

The Mummies初来日の夜!!!!

ハロウィンの夜は、サンフランシスコから初来日したTHE MUMMIESを見に、BACK FROM THE GRAVE 20TH ANNIVERSARYパーティに遊びに行ってきました。

mummies-flyer.jpg


まさか復活するなんて。日本で見れるなんて思ってもなかった!
やったー!!

mummiespop.jpg

入り口のマミーズ看板(顔入れ付き)はTHEEE BATが製作したんだって。すっごいー!

いよいよTHE MUMMiESの出番だ、という時、ステージに怪しい仮装のジェリービーンが現れた。
「マミーズがステージ前のでっかい柵を全部外してくれと言ってる」
「何かあった場合は俺達が責任を取るって言ってるから、今から柵を取るので、みんなでめちゃくちゃに盛り上がろうぜ!」的(要約)なアナウンスが・・・!
会場の電気がついて急遽、柵が外されるという嬉しい展開に。
こんなの初めて。もうテンション上がっちゃう~!
(きゃー!マミーズに責任をとってもらいたいヨ!)

そして、マミーズが登場!
会場はもちろんぎゅうぎゅうのSOLD OUT! 
包帯ぐるぐるの4人がステージに!や、やばいー!やばすぎる!

mummies-live2.jpg
なんて不良で、凶暴でゾクゾクするほど悪い音を出すのか!最高にそそられちゃった。MCなんて悪態つきまくりでキュートだし(爆笑)、悪の掃き溜めみたいなRAWで悪そうなところ全部Nothing Change!!!!!!かつて衝撃を受けたあの音そのまま。めちゃくちゃ動いてた~!
ノリノリで踊りまくって革ジャンよれよれ汗びっちょりになった。

mummies-live3.jpg
会場の熱気もサイコーだった!

mummies-live1.jpg
あの例のオルガンを逆さまに担ぐ驚異的なこれ↑まで生で見れるなんて~!
大好きなThe Flyもやってくれて感激。

ライブ中乱闘も間近であったり、酸欠になった外人が目の前でぶっ倒れてきて、なぜか私が支えるはめになったり変なハプニングもたくさん。
それもすごくマミーズにぴったりで(笑)、楽しかった!もう大興奮のライブでした。

ライブが終わって、京都のたろーや福知山のやすヘッドとも1年ぶりに再会~!
京都のカルトな家でカレーを作ってご馳走した夜を思い出したり、出町柳の町内会での奮闘を想像して楽しかった。
cuteでワイルドなGo-DevilsのMOMOさん達や、Daddy-O-Novさんとも初めて会う。ラモーンズが初来日してシーナ&ロケットとやった時の話を非常階段でノブさんがしてくれて嬉しかった。
ドイツのアレックスとも再会し、近況を報告し合ったり。This year is so strange!だと言うと、アレックスもまさにそうだという。制御不能なロボットの暴走みたいに世界的に同時多発している奇妙な出来事と現象について語り合った。
森の中でUFOを呼ぶときはアレックスと一緒ならきっと大丈夫だと感じた。
気がついたら、あっという間に朝がきた。

横田基地はMember's Influenzaで急遽cancelになってがっかりだったけど、最高なLIVEと友人達に囲まれて、朝まで幸せなひととき。おかげで元気をたくさんもらった。

こんなスペシャルなハロウィンパーティに招待してくれたTHEEE BATのミカさん&カブカブに、心から感謝です。ありがとう、THEEE BAT!
この恩は一生忘れないぜ!

mummies.jpg
さらばマミーズよ!また悪態つきに日本に来てね。

RJBmummies-poster.png
これは会場でシリアルナンバー入り100枚限定で売られていたロッキン・ジェリービーン製作のThe Mummiesポスター。
これはめちゃくちゃクール!見た瞬間、ハートマーク。絶対レッドルームのトイレに額に入れて飾りたい!と思っていたのに買いそびれてしまい~、慌ててジェリービーンに連絡して原宿のEROSTIKAに取り置きしてもらうことに!
ひゃっほー!Thanx,RJB!

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。