スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRIVE TO 2010出演決定!

昨日、この秋新宿ロフトで30日間に渡って開催されるDRIVE TO 2010のプレイベントがあるというので、阿佐ヶ谷のロフトAに行ってきた。
コメンテーターは主催の地引雄一 さん、ゲストは中原昌也さん(作家、ミュージシャン) 、柳下毅一郎さん(作家、評論家) 、伊東篤宏さん(optrum) &屑山屑男さん(TRASH-UP!!編集長)も飛び入りという・・・なにやらTRASH-UP色濃いメンツ!
話もトラッシュでゲラゲラ笑ってしまった。会場も盛り上がっていた。
後で主催の清水さんに聞いたら、DARKSIDE MIRRORSのPVもVTRで流すように準備してあったそうで、私も飛び入りゲストで壇上に上げられる予定になっていたんだそう。。ひぇーあぶなかった(笑)
中原さんに「全身肌色のタイツで街を歩いてほしい」とか言われたり、変なことマイクで聞かれたり無茶苦茶にいじられて、リアクションに困って苦笑いするのが想像できたのでほっとしたー!

イベント後、主催の清水さんや地引さん、中原さん、屑山さんらと打ち上げへ参加する。
柳下さんがフリクションのレックに顔が似てるとかいう話になったり、地引さんが当時の話をしてくれたり、ホラー話(主にH.Gルイス)をみんなでしたり、最後はなぜかニューイヤーロックフェスの話で盛り上がる。楽しかった!
お店を出てタクシーを拾ったら、土砂降りの雨が降ってきた。
ヘンテコな天気の1日だった。
九州が大雨で大変なことになってるのをニュースで見る。
親戚のおばちゃんたち、みんな大丈夫かな。心配だよ・・。


ところで、なんでDRIVE TO 2010のプレイベントに行ったのかというと、
トラッシュアップ関連で遊びに行った、というわけではなくて、なんとDRIVE TO 2010にダークサイドミラーズの出演が決まったからなのでした。

DRIVE TO 2010とは、「1979年の伝説的イベントDRIVE TO 80's、1999年のDRIVE TO 2000に続いて、30年にわたるライブハウス・シーンの歴史とシーンをリードしてきたミュージシャンが新宿ロフトに大結集するイベント」です。
DARKSIDE MIRRORSは、記念すべき最終日、11/11(水)の出演です!

DRIVE TO 2010公式サイト
44013379_3.jpg
予定表を見たら、すごいー!DRIVE TO 2010スケジュール表
1カ月、すっごく濃いメンツ!


_____________________________

DRIVE TO 2010
★11月11日(水) リザード、オート・モッド、Darkside Mirrors

2月の新宿ロフト以来、リザードと再び同じ日にライブをやらせてもらえて光栄です。
(→LIZARDと共演した夜のレッドダイアリー「バビロンロッカー」

モモヨさんによると、リザードは現在、新作のレコーディングの真っ最中で、11月末にニューアルバムが発売予定とのこと!
11/11はその発売記念ライブも兼ねて、東京ロッカーズ時代を中心とした前半と、 新曲を披露する後半との二部構成のステージになる予定なんだそうです。
それから、この夜の共演はジュネさん率いるオートモッド!

あ、ギター&ノイズのケビンは、マダムエドワルダとして(ギターリストである!)、10/18(日)も出演するよ~!

開催はまだ先だけど、ぜひチェックしておいてね!
スポンサーサイト

来月は九州ツアー!

明日は皆既日食だそう。
でも雨降ってるし、見れなさそうだなぁ。

私の周りは皆既日食で浮かれている。奄美大島に行ってたり、ロシアの船を貸し切ってパーティがあったり。。。
乗り遅れちゃった私は、いまいちピンときてない。
TVでやたら騒いでるように見えるせいかな?なんか白けている。
東京じゃ、ほとんど見えないみたいだし・・・。
そもそも、月食と日食の違いもこないだ知ったぐらいだ。

日食は太陽と地球のあいだに月が入って重なってみえるもの。
月食は月と太陽の間に地球が入って、地球の影が月に映るもの。

なんだって!

nissyoku.jpg
皆既日食
これぐらいの大きさ(クリックした画像)を肉眼で見れれば、超興奮だろうけど!


去年の夏は、クーラーをつけないで夏を乗り切れたというのに、今年は出だしからもうだめな感じ。あいたー。
ここ最近涼しいけど、新しいエアコンが設置されるとちょっと嬉しくて、つい・・・「ピッ」とリモコンを押してしまうのです。
やっぱり新製品はちがうな~なんて冷風を浴びつつ、ハーゲンダッツのメロン味(これ最高においしい!)を食べる毎日です。

というのも、こないだ、部屋のエアコンが突然壊れた。
電源を入れたら、恐ろしい量の水がジャバーっと落ちてきたので、びっくりして大笑い。
まるで、「オレたちひょうきん族」のザンゲのおじさんから×印もらったみたいに、
その下のソファに寝そべっていた私の頭はザッぷり濡れた。
こんなことってあるんだ!

いざ壊れると、不安になった。なんで壊れたかわからないけれど。
今年つけるつけないは別にしても「壊れたまま、そこにある」というのは、なんとなく不安だった。
そのうち冬も来るし、、、と、不動産屋に即、鼻息荒くして電話!
私はエアコンの設置にはうるさい方である。
(→「レッドルーム、パンク1秒前」


こんなんじゃ、いかん!!
夏の野外の恐怖を去年思い知ったのを忘れたのか?
あの日照りの恐怖を・・・!
えいやー!とクーラーを消して、手・顔・手と順番に洗いまくり!
パブロを聞きながらスペーシーな気分でケーキほおばって・・まったりするレゲエパーティは最高。でもそろそろエンジンかけて、タイトゥンアップしなくてはね。

Rocky-Horror-Poster-C10114573.jpeg

手始めに週末は、埼玉県の航空公園で行われた「夏びらき」にS&Rを見に行ってきました。
野外のS&Rはすごく似合う~。ノリノリで踊っちゃった。
帰りに虹を見た。虹を見たのはすごく久しぶりで嬉しかった!
最高にドリーミーなひとときだった。

今夜は、J.COMで見てなかった「マスターズオブホラー」祭りをいっきょに開催する予定~。
クーラーは消してね!


ところで、DARKSIDE MIRRORS、夏の九州ツアーのお知らせ!

夏の高塔山のてっぺんで開催しているカッパ・ロック・フェスティバル「高塔山ジャム」に今年も出演が決まりました!!3度目の出場~★

真っ昼間からDSMのミラージュ・ワールドに誘いたいです。
九州地方のみなさん、超パワーアップした新生ダークサイドミラーズをぜひ見に来てね!


そして前々日には福岡のCBにも出演します!
CBに出るのは、2年ぶりなのですごく楽しみです。
みなさん、遊びに来てねー!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★DSM、夏の九州TOUR!2DAYS!
THIRD DEATH SUMMER OF LOVE !

2009年8月14日(FRI)福岡 / live house CB
~Back In The Rock City~高塔山★前夜祭 ~
OPEN/ 18:30,START/19:00 ★Adv .3,500/4,000
BAND★heena & The Rokkets、博多ザ・ブリスコ、DARKSIDE MIRRORS

■Live house CB

※チケットは予約制で、6月20日(土)から受付!
INFO:Live House CB TEL&FAX:092-732-7575
mail:@livehouse-cb.com

___________________________________________

tjam2009.jpg

2009年8月16日(SUN)
北九州市若松区高塔山野外音楽堂
★ 高塔山ジャム2009★
http://t-jam.cscblog.jp/
★OPEN/ 11:30,START/11:50
★Adv .2,000/2,500(小学生以下無料)

BAND★
SHEENA & THE ROKKETS★
ROCK'N'ROLL GYPSIES(ex.The Roosters)
THE CONSTRICTORS(ex.人間クラブ)
THE 卍(ローリー、佐藤研二、ロジャー高橋)
The Gryder
Herring-bone
DARKSIDE MIRRORS
The Blue Blues Brothers Band
米岡誠一
大内義昭 with Angelico Sauce
鶴坊マウンテンジャムジュ
brainwash
暴れザル
             and more...
■DARKSIDE MIRRORS LIVE INFO

深夜の新宿

ネオンがどこもピカピカで空が夕方みたいな明るさになるせいか
黒い黒い夜がふけてくると、夜中の新宿の街は明るい。


怪しい店の前にポーズ決めて立ってる女たち、発狂しながら歩いている人(あぶない)、振り向けば、酔っぱらいの集団が路地からうようよ。われらゾンビーズが沸いて出てくる。

みんなで馬鹿みたいに路上に座って、ばかばかしい話をする時間はほっとする。
涼しくて気持ちいい夏の夜。

街がどんどん狂っていく夏の夜っていいな。

先週末の†13TH MOON†のライブは、今まで見た中で最強なほどに格好良かった!


junk-lucy.jpg
クレープもらって嬉しそうなLUCYちゃんと!
珍しい2ショット(笑)

motion2.jpg
白い顔が斜めに2つ並んでいる上の方は13th MOONのドラマー・ヨウヘイ君です。
(下はスージー・スー)私とはラディック仲間~♪

この夜、ヨウヘイ君が買ったばかりだという憧れのブラックビューティ!
スネアの音を生で早く聴きたかった!聴いたらもう・・・・最強!
想像以上にヤバイ音を鳴らしていたよ。めちゃくちゃ興奮して燃えました。


motion.jpg
ここぞって時の乾杯は、やっぱり足できまりだね!(うそです)

コンバース率高し。やっぱスニーカーはコンバースです。
しかもどうせ買うならアメリカ製がいいやね!ガバガバヘイ。

※コンバースはコストの削減により、MADE IN USAは製造中止に。現在、全てインドネシア生産となっていますのよ。

shinjuku-motion7.jpg
ゴミ箱の隣にヤンキー座りするsham69Tシャツを着たケビンは
青春の象徴のように見えた。


朝が近づくにつれ、だんだんと路上にたむろする人数は増えていき、あっという間に20人突破!
酔っぱらったルーシーが突然、相性占いをはじめる(笑)
次から次に占う人々。メルヘンな光景だった。
気づいたら道路をふさいでタクシー渋滞がおきていたが、お互いに怖そうな人達に見えたのか、トラブルもなく平和に過ぎていく朝方のひととき。
(みんな異常にハイテンション!)

さて、私が撮った最後の写真を紹介します。

shinjuku-motion3.jpg
まぶたに眩しく写った一枚の写真です。

おお・・・!(なぜか感激)
仲間達よ。ずっとそのままでいて。

さらば!青春の光・・・・とか、昔はよかったよ。
なんて言う腐った大人にならないで・・・・!

(よけいなお世話かもしれませんが)


この1枚を撮り終えた後、私はそっと1人タクシーに乗ってレッドルームに帰った。

頭の中では、ボブディランのFOREVER YOUNGが流れていた。

DAY of The Dead

突然やってきたレコーディングDAY。
朝からマグネットスタジオに乗り込む!

今回、日頃お世話になっている山浦さんから一日だけのスペシャル・レコーディングのお話をいただいた。それがマグネットスタジオだったのでした。
マグネットスタジオは、元S-KENスタジオという名前で、リザードとも縁の深い東京ロッカーズの拠点となっていたスタジオ。
(このスタジオにお客さんを呼んでライブしたり、当時めちゃくちゃなことが色々起きていたというのをDOLLやモモヨさんのインタビューでその昔読んだことがある。)
興奮して早速、モモヨさんに報告してしまった。
こんな風に偶然に点と点が繋がっていく瞬間って、すごく興奮しちゃう。
バンドって人と人を繋げる怪物だなぁ。
シンクロニシティは絶対に存在している!


前日の夜、改装が終わったばかりというマグネット・スタジオは、ピカピカで広くてびっくりした。ロビーだけで私の部屋の5倍ぐらいある。
1stのSTAY EVIL!!はいつも練習してる6畳のスタジオだったから、このギャップというか贅沢感に鳥肌もん!
ライブ直後、突然のRECという展開に皆バタバタだったけれど、誰1人として抜かりはなかった。
ビートとパンクの歴史を刻んだ革命家達のアジトに30年ぶりに乗り込んでいった気分。

私は音決めやら何やらで、ほとんどずっとスタジオの中に閉じこもっていた。
これがなくっちゃ始まらない。マイスネア!
マークベルことマーキーラモーンのサイン入りの70年代製ラディックちゃん♪
マーキーにスネアのカスタマイズを褒められたことが唯一の自慢なの(→マーキーラモーン来日レポート!
そして今回は有り金はたいて、ここぞとばかりにビンテージのグレッチのドラムセットを一日借りてきた!
あと、ボービーがeBayで落札した怪しいドイツのビンテージマイク!
(スネアに立てて、どんな音か聴いてみたかった)

rec-eng.jpg


今回のレコーディングは、メトロノームも仲間に入れてセッションすることになった。
実はかつてメトロノームには苦手意識があった。
数年前、今はなきユニバーサルスタジオに夜中こっそり忍び込んで(笑)、1日録音した時のこと。
その時初めてクリック野郎と出会った。あの時のことは忘れもしない。
何度やってもクリック音が邪魔で邪魔で・・、ドラムがどんどんズレていきひっくり返ってリズムが何が何だかで曲も私の頭の中もカオス状態に陥って、終了~!
おまけにみんなから「下手くそ!」だの「ダサい」だの「終わってる」だのとクソミソに言われて、(たかがクリック相手なのに)私の自信はズタズタになってトイレに籠もって回復するまで時間がかかったり、本当にむなしく苦痛な一日だった。
いいのが全然録れないのも悔しかったし、あの時、もう絶対にクリックのいいなりになるもんか!とリベンジを誓ったのだった。(ちょっと方向性違うけど。笑)
そして数年後、一発で録音されたのが1stのSTAY EVILなのでした。(もちろん痛快ノン・クリックでね!)

しかし、2年経った今、いつのまにか進化していたのか、戦闘準備オーライ、1,2,3,4でゴー!
我ながら、でかした。ノーギミック!予定調和ゼロ!
メトロノームの悪夢も見ずにバッチリ成功!

recording1.jpg


実はここだけの話、じわじわと効果てきめんする魔法の呪文があるのだ。
今まで何度そらで唱えたかわからないぐらい。
じわじわとその秘密の呪文が効いているのを実感した。

その呪文とは・・・・ジャーン!


TOMMYのフラッシュランプ付きメトロノームを最速にセットして録音された '76年の歴史的名作「ラモーンズの激情」

ズバリ、この一文です。

メトロノームと激情・・・私の中で相反する存在であるMr.メトロノーム氏<グルーヴもビートもないただ正しく刻むだけが取り柄のできそこない>と激情<フリークアウトする瞬間の爆発のエネルギー!>とがRAMONESによってミラクルに結びつけられた魔法の言葉である。
この1文を唱えるだけで、興奮が掻き立てられるのと同時に、RAMONESだってメトロノームでやってるんだ!と体の芯から勇気が沸いてくる。

もし私と同じようにメトロノームで苦戦している人がいたら、ぜひこの呪文使ってみてね!(けっこう効くよ。)


レコーディングはたった1日だけだったから、みんな気合い入りまくり!
録音したのは全部で7曲!!

recording.jpg

1日でこんなにたくさんの曲を録音できるなんて夢にも思わなかった。
夜11時には完全撤収!最後はズダボロで手がプルプルで足もフラフラ~。
疲れすぎたせいか、ハイになっていた。
車でみんなでレッドルームに帰ってくると、乾杯したりワイワイはしゃいでしまい、気づいたら朝8時に。
さすがにこのままだと死ぬー、とバタバタみんな帰っていった。

その後、体が興奮してて眠れないので、1人でデヴィッドリンチの映画を見る。
また「ナイトピープル」。
アンジェロバタラメンティがたくさん出てきて面白い。
見る度に新しい発見がある。


でも翌日の夕方、目が覚めるとベッドから起き上がれなくて、本当に一歩も歩けないという・・見事な廃人状態だった。あとで聞いたら、LUCYもケビンもそうだったらしい。。

おまけに体重計に乗ったら、いきなりなんと3キロも減っていた。
ひえー!ものすごく燃焼したんだなぁ。
朝からコーヒーだけで、よく体力が持ったなぁ~。

我ながらあっぱれだったけど、カフェイン中毒で中枢神経でもやられたら大変!
急激なダイエットは絶対体に悪いぜよ・・。

体力つけるために太らないと!!!

イェーイ!
大好きなたこ焼きとクレープ、食べまくり~♪

フリークスとエクスペリエンス!

先週末のライブ2DAYSのことをゆっくり思い返す間もないまま、
早くも1週間が過ぎようとしている。

都内で2日も続けてライブできるなんて滅多にないから本当に嬉しかった。

2日間ともすごく楽しかった!
来てくれた皆さん、本当にどうもありがとう!

doors-live2.jpg

宇治さんの大迫力なサイケデリックでホラーな映像をバックに演奏できて幸せでした。

doors-live3.jpg
それにしてもシュールなイベント初体験だった~!
また宇治さんと森下さんと一緒にやりたい。


doors-dsm.jpg
DOORS前にて。
13thmoonのヨーヘイくんとメグちゃん、ゆーたくん、2days来てくれてありがとう!


初台が昔、墓場で、かなり強烈な心霊スポットというのは少し前日記にも書いたけれど、(実は前回、数年前にここでライブしたときも謎の現象がたくさん起きたり、地縛霊の仕業なのか気分が悪くなったこともあり)こういった対策はバッチリ外さないよ。
この日はお守り3つも持って行った!
でもやっぱりドアーズで謎の現象が!心霊現象エクスペリエンス(笑)

この日録った音には謎のノイズがガーガー入っていて録音が失敗していた。
見に来てくれたTRASH-UP!!の屑山さんから、せっかく次の号に映像と写真を使いたいって言ってもらったのになぁ。
映像はまだ見ていないけど、ちゃんと録画されてればいいなぁ。
やっぱり初台は何かがおかしい!
PAの功君も、「なんかここ、不思議な箱だね。音がおかしいんだよ。異常に下に音が沈むし重苦しい空気がある。」とライブ後に首をかしげていた。


ujisan-family.jpg
これももらった写真!
ライブ直後にリザードメンと助手緑さんとファミリーで記念に1枚。



翌日のAREAのライブ写真
32777621_1409526813.jpg
KEVIN

livearea-jl.jpg
LUCY&JUNK 

32777621_2927252566.jpg
MUROちゃん

デミセミクウェーバーのエミちゃんと4年ぶりぐらいに対バンで会えて嬉しかった!
帰りにカワイイキャミソールをエミちゃんからいただいて嬉しかったです。
ありがとうエミちゃん!

32777621_3834235795.jpg
最後は、LOOPUSにLUCYとエミちゃんが入った大セッションをみんなで客席でノリノリで見た。

photoby_abe3.jpg
Tomorrow Never Knows!! (photo by abe)

32777621_2421047661.jpg
ルーシーかっこよかったー!

この夜は打ち上げも参加して朝までみんなでワイワイ。楽しかった!
久しぶりにlloyの松原君と会えて朝まで熱く語り合った。ライディーン♪


今回の2デイズはムロちゃんが入って、実質初のお披露目ライブだった。
そして、ベースのムロちゃんを紹介してくれた「エレベーター」のPV監督、継田さんがライブを見に来てくれた。
ライブ後、継田さんから興奮顔で「久々に、うさばらしができました!」と言われて、もうその言葉を聞いただけで感激だった。
「ステージでのルックスでいえば、ムロちゃんもオーラがフリークスだから、DSMと並んでてぜんぜんおかしくなかったですよ。吸血鬼軍団+カンフー使いみたいで。」と!
涙でそうなぐらいの感想をもらって嬉しかった。
やったぜ、フリークス!

それからこの日、継田さんからいただいた言葉が深すぎて、色々考えさせれた。
(以下引用)
タイプの違うミュージシャンが一緒にやると、思わぬ化学反応を起こすことがありますよね。今回はまさにそれだなーと思いました。
自分の好みだけで世界を作らず、他の要素を引き入れるというのは、勇気が要りますが、創作にとって大事ですよね。映画でもなんでもそうだと思います。
それによって古い血が入れ替わって、外の世界に開いていくんだと思います。


本当にその通りだと思った。
この日は継田さんやムロちゃんといろんな話ができてよかったな。
おつぎさんにはムロちゃんを引き合わせてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。
ムロちゃんはベーシストだけど俳優もやっていて、初めて出会った時、私とは何もかも正反対のタイプの人間で衝撃だった。
ものすごくワイルドで1本筋が通ってて、すごく暖かい人である。
海の男っぽい。荒れ狂う海の波しぶきが出てくる東映映画のオープニングのシーン、あんな断崖絶壁に飄々と立ってそうなイメージ。お父さんは室田日出男さんという日本のヤクザ映画に歴史を刻んだ素晴らしい俳優である。この間、ムロちゃんのお父さんが出ている映画を借りてきて初めて見て感動してしまった。一言でいえば、めちゃくちゃかっこいい悪役!!超アウトロー!
ムロちゃんはライブではとにかく動きが物凄い!まさにOut of Lawの血を感じた。
猛獣使いとか妖怪とか謎のカンフー男みたいで、ドキドキしてしまう。
音楽に向き合う姿勢とか価値観がまた私とは違っていてルーシーともケビンともまた違う。そこがすごく新鮮だし刺激的。

今、この4人でバンド活動ができて本当に嬉しい。
この気持ちを胸に刻んで、さらにパワーアップするぞ~!
来月は九州ツアーに行ってきます!
ライブはしばらく都内はないけど、たぶん9月頃にはやると思うので、楽しみにしててね!


そして突然思いがけない展開が・・・・!
なんと明日レコーディングすることになった!
今、メラメラと炎が散っています。
明日はやれるところまでやってやろうー!!

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。