スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロンロッカー

昨日はLIZARDのコンプリートボックス発売記念パーティ!
新宿ロフトでライブをしてきました。

DARKSIDE MIRRORSはトップバッターで出演!
生粋のリザードアーミーがぎゅうぎゅうの客席にドキドキ。

momoyowithjunk.jpg
ライブ前、楽屋でモモヨさんと。

リザードのライブは初めてみた。びっくりした。圧倒されて聞いた。
ニューウェーブでめちゃくちゃポップ!!
ワカさんのベースがめちゃくちゃクールだった!
新宿ロフトは見るポイントによって音が全然違うので、色んなポジションに移動して一番ベースが気持ちいい場所を見つけて見ていた。
それからモモヨさんとキーボードのコーさんが最初に2人だけでやったアコースティックセットがすごく心に響いた。よかった。

モモヨさんが歌った曲で「ニューキッズインザシティ」という曲があった。
その歌詞がすごく好き。
新しいビジョンがうまれて というところがすごくぐっときちゃう。
ボックスの解説には、この曲が「未知との遭遇」と、アーサー・C・クラークの「地球幼年期の終り」からインスパイアされたと書かれてあって、本のタイトルを調べたら、すごく読んでみたくなったので、早速アマゾンで注文した。

keethwithjunk.jpg
この日、LIZARDのドラムを叩いたキース!

キースさんはARBのドラマー。子供の頃から知ってるお方。海賊っぽいので昔はちょっと怖かった。でも話すとすごく優しくて。シティハンターに出てくる海坊主みたいなお方なのでした。
リハの時はわざわざステージに上がってきてくれてスネアのピッチについて細かいアドバイスをしてくれたり、黒くてカッコイイスティックをくれたり色々と優しくしてもらって感激したのでした。昔ライブとかで会った時、lucyは4,5歳のガキんちょだった話とか聞いたりもして!キースさんのドラムは超タイトで人力サイバーだった。
そして明日がお誕生日ということで、ライブ後、打ち上げの席で、モモヨさんがハッピーバースディを歌い、みんな続いて一緒に歌ってお祝いした。
裏の方からケーキじゃなくてオムライスが出てきた~(笑)
こないだ見たブッカーTのライブでダックダンをみんなでお祝いした時のことも思い出して、幸せな気持ちに。
モモヨさんの周りにいる人は、初めて出会う人、昔から知っている人、たくさんの人がいて、たくさん話をして、ちょっと落ち込んでいたけど、ハッピーで優しい気持ちになった。
ジョンさんにも会えたし!ハートウォーミング!
ヨクナ&ケイシ君、4カメ撮影サンクス!
モトサイコの澄田さんと黒田さんとおしゃべりしてたら、あっという間に朝の5時。

darksidemirrors09.jpg
ライブを見に来てくれたみなさん、ありがとう!
メモリアルなギグに参加できて最高でした!!
スポンサーサイト

ELEVATOR

昨日、ライブが始まる前、クランプスの1977年のメンフィスのデモを爆音で流してもらった。楽屋に聞こえてきて密かに快感だった!


crampss.jpg

cramps2s.jpg

これはフランスTVドキュメント。
パリの街角に立ってしゃべってるLUXとPOISON IVY。
インタビューもめちゃくちゃカッコイイこと言ってるの。



クランプスの特集を組むフランスのTVって気が利いてるよね!って
こないだフレッドと話してたばかりだった。

Rest in Peaceなんて・・・とても言えやしないなぁ。



きのうエレベーターを演奏するとき、LUCYが「ラックスインテリアに捧げます」と言った。
胸がズキーンとした。
ちょうど私もラックスのことを考えていてビックリしたのと、やっぱり、とで、頭にぐあーっと血が上っていくのがわかったけど、もうどうにでもなれと思った。
思いっきりフロアを叩いた。


「水のないプール」の切符切りみたいに、
カチカチと手の指の第二関節だけ動かして一日が終わって、
日常にスリルも感じなくなって、現実が妄想に浸食されはじめて、
無感情のままに暗闇に落ちてって。目をつぶってる間に何もかもが終わっていて。
そんなこと、きっと考えたこともないだろうけど。

じゃあ、めちゃくちゃやってしまえばいい。
変質者扱いされて、逮捕されたらいいだろう。
きっと、それもあほくさいんだろう。

無意識に人を傷つけて生きてるんだ とか もっと人の気持ちを考えろ とか
でもふと、あれ?となる。
ちょっと今、わたし傷ついてる・・・。
でも「これ」は傷つけるには入らないみたいだ。

ああこれは、狭いところの問題なのだろう。
プライドの問題か。ゾンビ化か。
ナイフを突き刺し合ったってしょうがない。
価値観が違うわけだから、しょうがない。
ちょっとはお互い我慢しないといけないようにも思う。
そんなふうに思ったら、全部ばかばかしくなった。

だけど。打っても何も響かないみたいな、亡霊みたいな。
透明人間の集会じゃないんだから。
傷つけそうで怖いから、くだらないことでさえ話しかけるのもこわいなんて。
ぶつかるのが嫌だからって、シャッターを閉めたままで無言ですり抜けていくことに腹が立つ。

こんな風なら、感情を消してロボトミー手術でも受けようかと本気で考えた。

コーヒーを飲みながら、キャプテンビーフハートとモーリンタッカーについて考えたりして。

でも気が晴れない。
好きは好き。嫌いは嫌いで普通はない。恋愛なんかじゃなくて。
あなたと私の関係は、きっとそれでも足りない質のもので。
どこまでストイックで、繊細なんだろう。
ちょっとナイーブすぎやしない?
これが精神的なSM?勘弁してよ。
・・・つばを吐きたくなった。クランプスを聞きたくなった。

クランプスのレコードを爆音で聞いたら、昼になってた。

なんか・・・一日がつらかった。凹んでるせいかな。

ラックスが死んだ・・・

今日の朝、バッドニュース。
ラックスが死んじゃった・・・・・・・・・・・・・

ずっと今週嫌な噂が流れていて、嘘だと思っていたけど、今日の朝、
R.I.P.: Lux Interior of the Crampsの記事を見つける。
一瞬、真っ暗になった。
ニュースになってるから事実なんだろうけど、まだ悪い冗談みたいに感じる。



頭が混乱する 信じたくない
LUX CAN'T DIE! STAY SICK!
lux.png




今年のハロウィンは、クランプスを見に行く、なんて計画をお正月友達に話していたばかりだった。
本当にショックで悲しい。
でもラックスのことだからロンと今頃セッションしているのかもしれない。
ポイズンアイビーが心配です・・・


クランプスのライブは日本で1度しか見たことない。(子供の頃・・)
また絶対に見れると思っていたのに、悲しい。
気が滅入るけど、今日のライブはがんばろうと思う。
今日はライブ前、クランプスを爆音で流そうと思う。

墓場の前にて

一昨日、DSMのメンバー4人で待ち合わせして下北のユニオンへ。
モモヨさんのインストアライブを見る。モモヨさんのギターの反復音が響き渡って気持ちいい~。
トークショーが終わったら話に行きたかったけど、たくさんお客さんがいたので遠くからモモヨさんに手を振ってレコード屋をあとに。
外にでたら、すごいどしゃぶり!その後、みんなでスタジオへ。


昨日。13th moonのライブを見に行くため、LUCYと初台の駅前、オペラシティの前へ。
車で降りた途端、突然、白黒の世界へ。
昔の焼けたフィルムみたいに端がボロボロで視界がグニャっと歪んで見える。
初台は地縛霊でも多いのか?喉が異常に乾くし、視界に映る色がなぜか灰色になる、前がよく見えなくて歩きずらい。
そういえば誰かも初台と池尻は気分が悪くなるって言ってた。

甲州街道沿いのオペラシティをエジソンとの待ち合わせスポットに。
物凄い向かい風。オペラシティの塀に掴まらないと、うまくバランスがとれない。でも立ち止まると亡霊か何かに足を取られそうになるので歩きながら待った。
ビルと高速に囲まれて谷間ができてしまって変な風が一緒に吹いてるようだ。
低音も異常に鳴ってる。(風の音?車の音?)
それから初台は異常に寒かった。
現実に下北と初台では約2度も気温差が・・・やっぱりなんか変なとこ!
それではっと思い出した。オペラシティはもともと巨大な墓場の跡地だった!
意外と知られていないけど、あの奇妙な重苦しさは墓場がぜったい関係してそうだ。
墓場の前で、友・エジソンを待ってるなんて、再会の場所としてはパーフェクトだわ~!
とも思ったけれど、やっぱり池袋のサンシャイン60と似た重い空気感がある。
(※サンシャイン60。昔、A級戦犯の死刑が執行されていた刑務所の跡地)
池袋サンシャイン通りなんて戦国時代に辻斬りの名所だったぐらいだし今も通り魔や無差別殺人が多いのも納得できる。
バスが駅に突っ込んで暴走したり、わけのわからない怪事件ばっかりだ。
駅や街の至る所に「ふくろう」がいるのもちょっと奇妙だし~。

遠くにいる点をみつけると、エジソンだとすぐにわかった。
好きな人の形やクセは特異的な視覚特徴として特別に脳のどっかに記憶されてるんだろうな。
エジソンはチェコの古着屋で買ったといういかしたジャケットで登場した!
数年前はなんでもない日常だったことが今はすごく懐かしくて貴重な瞬間に思えてくるのだなぁ。
3人とも上機嫌でゲラゲラ笑いながら、墓場道を歩いた。

13th moonは久しぶりに見たらまた進化していて、動きとかすごく洗練されていた。
見せ物小屋のサーカスとBホラー映画を夜中のTVで見ちゃったような贅沢感!
ダークで殺伐とした気分だったからよけいに胸がほくほくした!
ライブが終わったら13th moonのみんなと再会を喜び合って、我らホワイトゾンビーズは新宿へ。
行きつけのハイチ料理屋に行き、秘密会談。

エジソンが文庫版の「コーラン」を脇に挟んで持ってたので面白いのかときくと、「死体を追い越して」という表現にぐっときたという。それって死を乗り越えるってこと?ときくと、「まぁそういうことだね」とLUCY。
3年を経て、話がやっと動き出した。
イベント再開にあたり、具体的な策を本格的に練ることに。

エジソンが紙とペンをお店に借りると白い紙の上に
チェコ語で「過去、今、未来」と書いて間に2つの線をひいた。
過去について、3人の意見がまとまらないところで、みな同意。
エジソンは過去の欄にOKとだけ書いた。
今。今のことを今ここで考えるのはナンセンスだ。ということで今の欄にはNGと書いた。
シュヴァンクマイエルの話で盛り上がっていたら、お店の人から「もう閉店です・・・」と言われ見回すと店内はもうがらーんとしていて終わっていた。
謎な未来の欄には、VERY OK!と書いて終了。
OK,NG,VERY OK! なんか冴えてる・・・!ハイチコーヒーでいい流れ(笑)


いよいよ今週の木曜まであと4日~。今からリハに行ってきます!

2月5日(THU)新宿LOFT
LIZARD コンプリートBOX発売記念ライブ
"Change2009 革命前夜祭"ニューキッズ総決起大会
OPEN/ 18:00,START/ 19:00
BAND★LIZARD、8 1/2、DARKSIDE MIRRORS
※DSMは7時~

FC2Ad

相続 会社設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。